1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ニッカ、キリンのインタビューとマルス信州」

 昨日は朝10時に南青山のニッカ本社に行きチーフブレンダーの佐久間さんにインタビュー。もちろん第6号の『ウイスキーガロア』のためで、久しぶりに佐久間さんから話を聞くことができた。

 その後、一度ウイ文研にもどって山のような仕事を片付け、再び2時にこんどは中野のキリン本社に行き、同じくチーフブレンダーの田中城太さんにインタビュー。これでサントリー、ニッカ、キリンと3大メーカーのブレンダーに話を聞いたことになる。

 そのままJRで恵比寿にもどり、駅前のパレットタウンでインドのヴィザ申請のための写真を撮る。インドに行くのにヴィザが要ることは知らなかった。なにしろ最後にインドに行ったのは1981年のことである。

 証明写真を受け取り、5時前にウイ文研。再び山のような事務仕事を片付け、7時前には仕事場にもどる。

 今日は再び新宿から朝イチの高速バスに乗り、長野県宮田村のマルス信州蒸溜所を目指す。快晴で山々がくっきり見えるが、バスの中では大好きなサリフ・ケイタの音楽を聴きながら、ひたすら睡眠。

 中央道の駒ヶ根インターに着いたのが12時半すぎで、工場長の竹平さんが出迎えに来てくれた。その竹平さんの車で、まずは南信州ビールが飲めるレストランで、ソースカツ丼の昼食。道中から見る中央アルプスの宝剣岳、駒ケ岳、そして対岸の南アルプスが、まさに絶景。ちょうど紅葉が見頃で、白い河原と緑の木々、そして紅葉の対比が見事である。

 昼食後1時半すぎに蒸溜所に到着し、さっそく取締役の久内さん、工場長の竹平さんにインタビュー。本坊酒造は他のサントリーやニッカ、キリンとは違うため、お2人にインタビューという形となった。本坊さんには、大手メーカーのようなチーフブレンダーという存在がいないからだ。

 今回ガロアの特集で4社に同じような質問をしてみたが、4社4様で、それはそれで実に面白かった。変わらぬものと変わるもの。不易流行という言葉があるが、不易流行とは、各社が取り組んでいるチャレンジ精神にあるのではないかと、今回改めて感じた。ということで、インタビュー後はいつものように一般的な見学路を工程順に案内してもらう。

 マルスの津貫も信州も、この一年で2度ほど訪れているが、そんな短期間であるにもかかわらず、来るたびに新しいことが起きている。これだから蒸留所通いはやめられないのだが・・・。

 帰りは再び駒ヶ根インターから高速バスに乗り3時間半!新宿に着いたのは8時半を過ぎていた。


171107_1.jpg


171107_2.jpg


171107_3.jpg


171107_4.jpg


171107_5.jpg







* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「学習院の学祭と豊島園の釣り・・・」

 この3連休は再びガロアの原稿のため恵比寿の仕事場にこもることに。とはいっても集中力が続かないので、昨日の土曜日は久しぶりに学習院へ。

 大学祭に合わせて毎年開催されている探検部のOB懇親会に出るためで、私自身10年ぶりくらいの参加だった。探検部の学祭展示を見るのも、やはり10年ぶりくらいだ。

 私が学習院に入ったのが1972年で、入学と同時に探検部に入った。当時クラブは創立9年目くらいで、私が探検部のちょうど第10代目。つまり初代とは10歳くらい年が離れていたが、現在の大学1年生は第54代に当たるという。18歳の彼らから見たら、私たちはもはや祖父と同世代といっても、おかしくないのかもしれない。

 しばらく学祭を見たあと、OB20人くらいで目白の中華料理屋「揚子江」で、懇親会。もうじき私自身が探検部に入って50年だ。

 今日も午前中はガロアの原稿を書き、午後イチから、これも久しぶりに豊島園で釣り。3連休ということで混んでいたが、3時間ほど流れるプールでフライフィッシング。

 ここはエサ釣り、ルアー、フライと分かれていて、流れるプールにはニジマス以外放流されていないと思っていたが、一匹だけ豊島園自慢の練馬サーモンがかかる。淡水用の養殖サーモンで、体長は50cmを超える。私が釣ったのも55~56cmあり、強烈な引きが楽しめた。

 食べても美味しいということだったが、もちろんキャッチ&リリース。わずか3時間だったが、紅葉が始まった豊島園で、久しぶりにフライフィッシングを楽しめた。

 このところ移動の繰り返しと、仕事場にこもって原稿を書く作業が連続していたが、外に出て景色を眺めてみると、確実に秋が進行していることがよく分かる。今週から来週にかけては再びマルス信州、静岡、余市、札幌、水戸である。


171105_1.jpg


171105_2.jpg


171105_3.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「山崎蒸溜所の取材と懇親会・・・」

 『ウイスキーガロア』第6号の取材のため朝イチの新幹線で京都、山崎に向う。今回のガロアの巻頭特集はジャパニーズウイスキー。創刊号ではジャパニーズのクラフトを取り上げたので、年末となる今号はメジャーな蒸留所ということで、山崎、白州、知多、余市、宮城峡、御殿場、そしてマルス信州にスポットを当てることにした。

 といってもガロア的な切り口が必要なので、今回は各蒸留所でどんなツアーが行われているのかを中心に見ていくことにした。ここ1~2年で、スコッチもそうだが多くの蒸留所で見学ツアーが有料になっている。しかも事前予約が必要なところがほとんどだ。その有料ツアーでは、今までと違ってどんなところが見られて、どんなテイスティングができるのか、それを実際に体験してみようということになったのだ。いわば「蒸留所ツーリズム」の現場リポートである。

 さらにこれもガロア的だと思うが、サントリー、ニッカ、キリン、本坊の各チーフブレンダー、あるいはディスティラーに、私がインタビューをすることになった。そのためもあり、もう一度、各蒸留所を私自身、できるかぎり回るつもりでいるのだ。

 その手始めがサントリーの山崎蒸溜所。広報のNさんやマスター・オブ・ウイスキーのSさんらの出迎えを受け、さっそく一般の工場見学をスタート。ひとおとり見て回った後は、1000円、2000円の2つあるコースのそれぞれのテイスティングも体験させてもらう。どちらも、この値段でこれだけのものがテイスティングできるとは、驚きである。毎回、予約がすぐに埋まるというのも、うなずける気がした。

 その後3時から、チーフブレンダーの福與さんにインタビュー。非常に興味深い話が聞けたが、それは本誌を読んでのお楽しみだ。

 さらに、せっかく山崎に行ったのだからということで、ちょっと早かったが5時すぎから駅前のお店で、Nさん、Sさん、そして福與さんらを交えて6人で懇親会。福與さんは仕事を終えてから駆けつけられたが、山崎やジムビーム、メーカーズマーク、ノブ・クリークのハイボール、ロックを飲みながら、新幹線の終電ギリギリまで、すっかり飲んで、食べてしまった。

 結局、恵比寿にもどったのは12時ちょっと前。3連休は再びアイリッシュの原稿のため、仕事場にこもって執筆である。


171102_1.jpg


171102_2.jpg


171102_3.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「マスターズドリームとインディアンウイスキー」

 そういえば先週金曜日はサントリーのビールイベント、マスターズドリームの山崎熟成樽ビールの発表会に行っていた。

 これは山崎を熟成させていた樽に詰めた特別のプレミアムモルツ(マスターズドリーム)で、通常よりアルコールと度数が高く、8.5%のビールだという。

 いわゆる”ウイスキーカスク・ビール”で、古くはグレンフィディック(ウィリアム・グラント&サンズ社)がやっていた、エールカスクフィニッシュで、そこに詰められていたエールを瓶詰めしたのがイニス&ガンズである。最近はけっこうあちこちの蒸留所で、このてのエールカスクフィニッシュが試されている。

 ウイスキーの側から見ると、ビールを詰めた(数ヶ月間)樽でウッドフィニッシュさせることで、新たなフレーバーをウイスキーにもたらそうということだが、ビール側から見たら、まったく別のビールに変身する可能性を秘めている。

 初めてそのポテンシャルに気付かされたのは、ケンタッキーのタウンブランチ蒸留所がやっていた、”バーボンバレルエール”だった。これはバーボンバレルに、彼らが造っていたケンタッキーエールを詰めたもの。

 そのための巨大なウェアハウスを見せてもらったが、たしかその建物全体を年間を通して4℃にキープしていた。ケンタッキーの気候風土のもとで4℃にキープするということは、体育館みたいな巨大な倉庫全体を冷蔵庫にする必要があるということで、巨額な金がかかっている。

 4~5ヶ月間の熟成だが、その間にエールは通常の4~5%のアルコール度数が6.5%前後まで上昇する。それと同じことがサントリーのマスターズドリームの山崎カスクでも起こっているのかと思ったが、そうではないという。最初から8.5%前後にした強めのビールを山崎のカスクに詰めたという。もっとも、今回のバージョンは非売品で、それも大瓶換算で1000本ほどしか造っていないということだ。

 昨日の月曜日はエキスパート試験の翌日ということもあり、ウイ文オフィスは静かそのもの。そんな中、ガロアのテイスティング用として撮影の終了した、インディアンウイスキーを試飲する。インドのゴアにあるポールジョンで、5本のボトルが届いていたので、そのうちの3本を試しにテイスティング。

 ピーテッドのカスクストレングスとノンピートのカスクストレングス、そしてもっともスタンダードであるブリリアントの3種で、大麦はインド産の六条大麦を使っているという。詳細は省くが、インドのウイスキーには3つのカテゴリーがあり、シングルモルトという場合は麦芽100%で、蒸留にはポットスチルを使うことが義務付けられている。ポールジョンは、もちろんインディアン・シングルモルトだ。

 これが驚いたことに、どれもリッチでフルーティー。独特の甘みもあり、スムーズで美味(!)。エンジェルシェアは台湾同様、12~16%くらいというが、それ故に一気に熟成が進むのだろう。なんとなく、カバラン、そして台湾第2の蒸留所、南投産のモルトウイスキーを飲んでいるような気がした。

 つい最近、エジンバラのソサエティ(SMWS)が、このポールジョンをコードNo.134に認定して2本ボトリングして話題になったが、それがよく分かる気がする。それほど秀逸なウイスキーなのだ。

 もはやウイスキーは北の大地で造るものではなくて、南の亜熱帯でも、熱帯でも造れる酒なのかもしれない・・・。



171031_1.jpg


171031_2.jpg


171031_3.jpg






* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「14回目となるエキスパート試験」

 2週続けて週末は台風に襲われるという事態に。先週はマルス津貫と佐多商店を訪れるため鹿児島にいた。今週は東京と大阪で、ウイスキーエキスパート試験である。

 問題づくりは先週木曜日に終わっていたので、金曜日はその最終ミーティング。私はガロア等の原稿があるため、恵比寿の仕事場にのこり、土・日とたまった資料の整理と、原稿の準備。

 さらに2~3ヶ月中断していたコニサー教本の改訂作業に再び着手。本当は釣りにでも行きたかったが、雨と体の限界を感じ、やむなく一日中教本の校正におわれる。

 今日も朝から教本の改訂作業で、どうにか上巻の製造編を全体とおして読みかえすことができた。コニサーのエキスパート試験が始まったのは2004年の10月のこと。以来、今年で13年になる。その間、何度か教本の改訂を行ってきたが、今回はその全面改訂版で、デザインも改め大幅に変わることになる。

 これだけに集中できていれば、もっと早くに作業も終了できたのだが、今年はガロアの創刊、そして夏以降は名酒事典、サライ、そして検定の問題づくり、合格者向けのライフと重なり、教本に集中することができなかった。そのため、のびのびになっているのだ。

 恵比寿の仕事場もこの一年まったく整理する時間がなく、リビングは床の上まで資料が山積みになっている、もはや、どこに何があるか分からない状態が1年以上続いている。

 と、まあ嘆いてもしょうがないので地道に作業を継続。嵐の中準備にあたるウイ文研のスタッフも大変だが、受験者も大変である。2時少し前に東京会場、大阪会場から連絡があり、すべての準備が整い、これから開場するという。例年のことだが、恵比寿の仕事場で、各会場からの連絡を待っている間は緊張する。

 とりあえず4時すぎに再び連絡があり、今年も無事、エキスパート試験が終了したことを知る。採点は週明けから始まるが、あとは11月26日の東京フェスに向けて突っ走るだけだ。

 フェスは10周年にして、過去最大級の会場で行われる。高田馬場のベルサールで、新しい会場で、過去最大級のウイスキーフェスティバルが開かれる。これは来年、再来年、そして東京オリンピックまで続く東京フェスの前哨戦で、これから毎年、さらにステップアップしていくつもりだ。

 オリンピック、パラリンピック開催までちょうど1000日。さらに東京オリンピックが終わってもその3年後の2023年には、日本のウイスキー生誕100周年が待っている。はたしてそこまでに何ができるか・・・。私自身が一番楽しみにしている。



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter