FC2ブログ
1
3
5
6
7
8
12
13
14
16
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「イギリスの湖水地方について」

 3連休が明けても原稿とその校正作業が続いているが、今日ガロアのぶらり旅のところのアブサンについてと、東京フェス関連のペンダーリンのは校正とタイトル、リード書き。原稿を書く作業というのは人にもよるだろうが、私の場合はまず本文を書いて、後からタイトル、リード、キャプションを入れる作業となる。そのたびに資料を読み直さないといけないという面倒なところはあるが、誌面になった状態(レイアウトが上がった状態)で、全体の空間を見ながら、文字を決めていきたいからだ。

 いわば画面の構成…。そのための画像選び、レイアウト・デザイン案の試行錯誤はギリギリまで続く。辰巳のアブサンも、ウェールズのペンダーリンも11月の東京フェス連動企画だが、そのミーティングもこのところ頻繁に行っている。セミナーの集客についても議題の1つで、ウェールズについてはガロアでも記事にしているが、もうひとつのレイクスについては、どこかで湖水地方のことを書かなければと思っていたが、そのスペースがない…。

 Lakes、Lake District(レイクス、レイクディストリクト)といっても日本ではピンとこないかもしれないが、イギリスやヨーロッパの人々にとって、この響きは絶大な効果をもっている。レイクス地方はイングランド最大の国立公園(ナショナルパーク)で、その面積は約2,300k㎡と東京都よりも広大である。湖水地方の名のとおり緑の牧草地と高い山、そして無数の湖が織りなす風景はイギリスいち、いや世界で最も美しい景観だと私は思っている。

 早くから自然保護、景観保護が叫ばれた土地で、1895年にはここでナショナルトラストが誕生している。トラストは世界最大の自然保護団体で、ここの最大のポリシーは、保護を必要とする土地を国に訴えるのではなく、自分たちで所有してしまうことである。そのためには土地や建物を買収する巨額の資金が要るが、設立当初、それをになったのがビアトリクス・ポターで、その資金源だったのが、彼女が創ったピーターラビットの絵本の印税だったのだ。

 ポターが生涯に描いた絵本は全26冊。少なくとも30ヶ国以上の言語に訳され、その総出版部数は3億冊近くという。印税が仮に1冊100円としても300億円になる。そのすべてを生前、そして死後にナショナルトラストに寄付したのだ。現在、湖水地方は世界遺産に認定されているが、その総面積の4分の1以上は、ナショナルトラストが所有していて、未来永劫にわたって開発の手から守られている。ポターが絵本に描いたとおりの世界が、100年近く経った今も、そのままの姿で存在しているのだ。

 そんな湖水地方の北部、『りすのナトキンのはなし』の舞台となったダーウェント湖のそばにオープンしたのが、今回のフェスでセミナーをやるレイクス蒸留所だ。もちろん湖水地方唯一の蒸留所である。ダーウェント湖から流れでるダーウェント川の畔に立つ蒸留所で、このダーウェント川を下ってゆくと、やがてコッカーマウスの町に出る。ここは詩人ワーズワースの生まれ故郷でもある。

 ウェールズのペンダーリンには“アイコンズ・オブ・ウェールズ”というシリーズがあり、ウェールズを代表する詩人のディラン・トーマスや、ラグビーの名選手、ガレス・エドワーズをラベルにあしらったものがあるが、ぜひレイクスでもワーズワースやポター、画家のターナーなど、ゆかりの人をあしらったボトルがあれば楽しいと思うのだが。

s_181010_1.jpg


s_181010_2.jpg


s_181010_3.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「ピナクル、ブッシュミルズ、そしてバランタイン…」

 連休前の最後の金曜日は12時に神楽坂の「サンルーカル」に行き、サントリーのウオッカ、ピナクルの取材。次号のガロア用で、今回はサンルーカルのSさんに、そのピナクルを使ったソルティドッグをつくってもらうことにした。

 サンルーカルに来るのは久しぶりだったが、相変わらずSさんのつくるカクテルは美味しい。私とSさんの付き合いは、まだSさんが銀座の「テンダー」にいた頃で、25年くらい前の話になる。当時、明治屋と組んでホワイト&マッカイのセミナーをやっていたが、そこでSさんにそれを使ったカクテルを毎回つくってもらっていた。結局、美味しいソルティドッグを3杯近く飲みながら順調に撮影と取材は終了。

 その後1時すぎに、こんどは歩いて5~6分のパブ、「ロイヤルスコッツマン」に行き、アサヒさんのブッシュミルズ5本の撮影。これも次号のガロア用で、ここで懐かしいスチルのポスターを見つけ、それをスマホでパチリ。今ウイ文研が作っているポスターも、こんな感じになるだろうと思う。サイズをどうするか、思案中だが。

 2時半すぎにウイ文研にもどり、その後はガロアの校正、ミーティングとなって、この3連休は原稿と問題作りの正念場。3日とも、ほぼ1歩も出ずに恵比寿の仕事場にこもって、ガロアの原稿、名酒事典の校正、そしてウイスキーエキスパート試験の問題作り。1日10時間近い作業だが、さすがに昔のように集中力が続かない。以前なら2日くらいでできてしまう作業が、3日も4日もかかってしまう…。

 ということで、今日の午前中も、朝6時からその作業をして、12時半に銀座の「BAR TIMES」の新しい店舗へ。そこで1時から、バランタインの新商品、「バランタイン17年トリビュートリリース」について、マスターブレンダーのサンディ・ヒスロップ氏と対談。トリビュートリリースは日本限定で、昨年につづく第2弾。今出ている『ウイスキーガロア』で、私とHBAのKさんとで対談をしているが、今回はガロアではなく「BAR TIMES」用だ。

 17年とトリビュートを飲み比べながら、サンディさんと1時間ほど対談。サンディさんとも、もう20年近い付き合いで、初めてお会いした時は、前任のロバート・ヒックス氏の下でブレンダー修行をしていた。ついつい、ロバートさんや、さらにその前任のジャック・ガウディさんの懐かしい話になってしまう。サンディさんの、それぞれの人物評が面白く、思わず笑ってしまった。

 で、再び2時すぎにウイ文研にもどり、校正と事務作業。そしてミーティング。もうすでに次々号のガロアのジン特集のボトル撮影も、今回からスタートである。計130本近くを、特集することになる。


s_181009_1.jpg


s_181009_2.jpg


s_181009_3.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「コンペにコンサルに、ライフのこと…」

 昨日の水曜日は2時からコンペのことで実行委員会のNさんとミーティング。Nさんは『日経トレンディ』『日経おとなOFF』の元編集長で、私の30年来の友人だ。イギリスにいた時はカード取材、ヨーロッパのホテルに取材で、よく一緒に仕事をしていた。特にロンドン、パリ、バルセロナ、ローマ、そしてユーロディズニーのホテル50件近くを実際に泊まり歩き、100項目近くのチェックポイントについて採点し、格付けをしたことは忘れられない思い出となっている。

 サボイ、ロンドンリッツ、コノート、クラリッジス、ドーチェスター、パリリッツ、バルセロナリッツ、ジョルジュサンク、ローマではハスラーなどを錚々たるホテルを、日本人ビジネスマンを装って採点して歩いた。コンペの実行委員会には、そんな私の古い友人たちにも協力してもらっているが、持つべきものは友であると、つくづく思っている。コンペのPRをどうするべきか、Nさんが真剣に考えてくれている。

 さらに4時からは、ウイ文研全体ミーティング。コンペやガロアのこともそうだが、1ヶ月半後にせまった東京フェスの件も、連日のようにミーティングだ。特に16あるセミナーでPRが必要なものを話し合い、その方法を検討。見る人が見れば、すごいセミナーばかりなのだが、その価値についてウイ文研としても発信してゆく必要があるということになった。それこそが、ウイ文研ができることであり、やるべきことだと思うからだ。

 次号のガロアではペンダーリンのセミナーに向けて、ウェールズとペンダーリンについて書いているが、誌面の都合で湖水地方とレイクス蒸留所について書くスペースがなくなったので、このコーナーで紹介してゆきたいと思っている。もちろん、台湾のカバラン蒸留所もだ。

 今日は再びコンサルの件で2時半から、佐賀のNさんとミーティング(ヒヤリング)。条件さえ合えば、北海道の紅櫻と同じように製造、立ち上げのお手伝いをしたいと思っている。今回はジンではなく、ウイスキーだ。

 さらに5時からはデザイン事務所のアイルさんとガロア、検定合格者向けのライフ、そして東京フェスのパンフレットのことでミーティング。ライフのコンテンツも決まり、フェスのパンフレットのデザイン案もほぼ固まった。あとはひたすら原稿を書くのみなのだが…。


s_181005_1.jpg


s_181005_2.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「ガロアとライフの編集作業に東京フェス…」

 ついに10月に突入である。9月は台風と雨に見舞われた記憶しかないが、9月最後の週末も、まさに台風と雨。しかし、昨日は一転して台風一過の晴天。気温の変動も激しく、体がなかなかついてゆかない。特に週末原稿を書きすぎて、目、肩、首、腰がパンパンだ。テレビCMではないが、目、肩、腰に効く薬がほしい…。

 昨日はウイ文研でガロアの編集作業とミーティング。『世界の名酒事典』の初校、再校を講談社に送ってしまい、『ウイスキーライフ』、フェスのパンフレットの編集、デザイン案を検討。フェスはすでに16のセミナーのチケットも販売しているが、売れ行きは好調で、すでに私のを含めて2つほどが満席だ。入場券のほうも、2日開催とあってか、昨年より出足好調である。

 フェスオリジナルボトルは、マクダフ、グレンアラヒー、カバラン、辰巳のアブサンの4本で、すでにスペックを公表しているものもあるが、近日中には4本すべてを公表したいと思っている。残念ながら当初予定していたグレンファークラスが価格面で折り合えず、今回は断念した。やはりフェスオリジナルといえども、9年ものを15,000円で売ることはできないと思うからだ。オリジナルラベルも気合いを入れて作ったのに残念である。

 ボトル以外のポットスチルトランプ、ポットスチルポスターは現在進行中で、すでに54枚のポットスチルは選んである。他にポットスチルをあしらった靴下(!)というのも作っている。だんだん糸井さんのところの「ほぼ日刊イトイ」事務所に似てきているが…。とにかく面白いもの、うちにしかできない魅力的な商品も開発したいと思っている。

 今日は朝10時に赤坂の東急エージェンシーに行き、「東京ウイスキー&スピリッツ・コンペティション」のことでミーティング。まだ決まったわけではないが、少しでもコンペをPRできればと思っている。ノウハウ面、実務部分はウイ文研でできると思っているが、私たちの手が回らないPR面を担っていいただけるところがあれば、という思いだ…。

 昼にもどって、再びガロアの校正、編集とそのミーティング。次号もそうだが、次々号(2019年1月12日)のジン特集についてもすでに動き出していて、150~160本のジンはすでに各社に発注済み。巻頭でそれらのボトルを紹介し、併せてジンとは何か、ジンの定義とは、各国でジンはどう扱われているか、そして、そもそものジンの発祥、歴史、ジン用の蒸留法、ジン用スチルの一大カタログ、ボタニカル図鑑など、ジンにまつわるすべてのことを掲載する予定だ。

 さらにロンドンのジン業者とスコッチの関係も興味深い。もともとローランドのグレーン業者は、それをウイスキーとしてではなく、ジンのベーススピリッツ用としてイングランドに出荷していた。19世紀以降、ロンドン・ドライジンのスタイルが確立されたのは、安くて良質な穀物原料のグレーンスピリッツが国境を超えて、安定的にイングランドに流入したからだ。

s_181002_1.jpg


s_181002_2.jpg


s_181002_3.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter

 

「TWSC、2回目の実行委員会ミーティング」

 金曜日は夕方の6時半からコンペの実行委員会の2回目のミーティング。実行委員会は私も含め12人で構成され、実務係としてウイ文研のSさんも加わっている。8月下旬のプレス発表以降、各メーカー、インポーター等に出品のエントリー案内を出し、さらにコンペのホームページも開設し、そこからエントリーのアクセスもできるようになっている。

 実行委員会のメンバーとそのプロフィールも、そのHPで見ることができるが、なかなかのメンバーだと思っている。私以外のメンバーは、数人を除いて実際にジャッジにも加わる予定だ。さらに7月下旬から進めていた審査員の依頼も、ほぼ出揃い(日程の都合でどうしても出れない人もいる)、その簡単なプロフィールもHP上で見られるようになっている。

 ジャッジは全国の著名バーテンダー、ウイ文研のマスター・オブ・ウイスキー(7人全員出席)、『ウイスキーガロア』『ウイスキーワールド』のテイスター、インポーター、酒販店、専門紙(誌)のライター、マスコミ関連、そしてウイ文研のウイスキー講師、レクチャラー、その他となっているが、これだけのメンバーが一堂に会することは滅多にないだろう。というか前代未聞のように思える。

 実行委員会のミーティングでは、これからこのコンペをどうPRしてゆくのか、そのためにどんなところにアプローチしていくのか、またどんなところとコラボしていけるのかなどを話し合った。日本初のウイスキーとスピリッツのコンペティション。今後10年、20年、いや100年と続けてゆくには、何が必要なのか…。考えなければならないこと、発信すべきことは、それこそ山のようにある。

 もう1つ話し合われたのが、クラウドファンディングの可能性についてだった。運営には膨大な金がかかる。当日はのべにして100人前後のスタッフも必要で、その人件費、会場費、運営費もバカにならない。それと、せっかくやるからには多くの人に知ってもらいたいというのと、できれば参加してもらいたいという思いもある。日本初のウイスキーとスピリッツのコンペティションは、日本初のウイスキーの祭典、スピリッツの祭典でもあるからだ。

 結局2時間近く話し合い、8時半すぎにお開き。いよいよ10月からはPRに向けて動くことになる。連日そのミーティングも入ってくるので、この土・日とも『ウイスキーガロア』、そして『世界の名酒事典』の原稿と、その校正である。平日は、今まで以上に外に出ることが多くなるので、とにかく土・日で原稿と校正、そして編集作業に没頭する。

 こういう時、外が雨だったりするとホッとする。とりあえず、釣りに行こうとは思わないからだ。それにしても、台風が先週でなくて良かったと、改めて思った。1週間ずれていたら、長和は中止だったかもしれない。台風をも寄せつけない、“晴れ男”ということか…。


s_180930_1.jpg





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter