1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「」

 久しぶりの3連休ということで、日常業務のなかではできなかった諸々の仕事を片づける。1つはウイスキー検定の新しい運営方法で、一般社団法人(ウイスキー検定実行委員会)に移行したことで、これから何が変わるのか、何をしていけばよいのかをじっくり考える。

 とりあえず今まで協力していただいた実行委員会の各企業、各団体にレターを出さなければならないが、早い段階でその説明会も開きたいと思っている。もうすでに第4回は来年の2月に東京と大阪、そして福岡の3都市でやることが決まっていて、その受験申込も9月には始まる。そのため、ウイ文研のミーティングでも対策講座等のスケジュールについて話し合っている。

 当初、シングルモルト級(SM級)については対策セミナーをやらない予定でいたが、コニサーのブラッシュアップセミナーと重なる点も多く、3回くらいのシリーズで対策講座を行うことにした。140近いスコッチの蒸留所について、とにかくおさらいも兼ねて過去から現在、そして未来について、あらゆる角度から分析していきたいと思っている。これはそのままブラッシュアップセミナーのテーマでもある。そういう意味では、SM級はウイスキーエキスパート、プロフェッショナルの方々に受けてもらいたいと思っているのだが。

 2つ目は、先日やった『コニサー倶楽部』の座談会のテーマでもある。ジャパニーズウイスキーの定義について。一応原案についてまとめ、それを先週金曜日に早川さんとも話し合う。このジャパニーズウイスキーの定義を実行に移す(?)ためにも業界全体、いや消費者も含めた何かの組織をつくるべきだろうということになり、それについても動き出すことにした。

 そして3つ目が、ジャパニーズの定義とも絡んでくるが、新しい蒸留所の建設の可能性である。これについてはすでに蒸留所名も決まり(?)、予算プランもアバウトに見積もっているが、どんな蒸留所にするのかという具体的な青写真を、この土・日を使って考えた。この新蒸留所については、東京オリンピックまでには実現したいと思っているのだが・・・。

 ということでウイ文研とは別に、新たな組織を3つもつくらないといけないことになったが、「そんな時間とカネがどこにあるのだ!!」という声が聞こえてきそうで、それが、私の目下の悩みである。

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter