1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『コニサー倶楽部』の座談会…」

 5月の手術・退院後、土日も休みなく働いてきたせいか、このところ曜日の感覚がまったくない。もっとも、老化といえば老化かもしれないが。

 昨日も朝から『ウイスキー通信』の原稿を書き、3時すぎにウイ文研。誰もいないオフィスで『ウイスキーワールド』のテイスティング。今回私がやるのはジャパニーズ2種、カナディアン1種、アメリカン4種の7本なので、それを一気にやってしまう。

 なかでもミクターズのシングルバレル20年が断トツの出来だった。カスクストレングスの113本限定で、なかなかの値段だが、久しぶりにバーボンのすごいのを飲んだという気がした。今はケンタッキーのルイヴィルに新しい蒸留所もでき、さらに生産能力も近々倍増するというから、早い時期に取材に訪れたいと思っている。問題は時間があるかどうかだ・・・。

 今日も午前中は原稿を書き、2時からウイスキー文化研究所のスクールで、『コニサー倶楽部』の座談会。テーマは、いつかやらなければならないと思っていた、『ジャパニーズウイスキーの定義について』である。

 ジャパニーズウイスキーとは何なのか、どんな造りをして、どんな規定を満たしたら”ジャパニーズウイスキー(日本ウイスキー)”と呼べるのかを、ウイ文研の代表世話人3人と、特別技術顧問の早川さん、そして私の5名で話し合う。

 まずは、なぜこれを今話し合う必要があるのかを私と早川さんがそれぞれ述べ、その後ジャパニーズ以外の4大ウイスキー、スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアンのそれぞれの定義について5人で確認をする。そしてこれは我々のコニサーの教本にも出ていないことだが、EUのレギュレーションを検討することで、ジャパニーズの定義となるべきものを話し合っていく。

 座談会は2時間近く続いたが、これはあくまでも我々が考える試案である。詳細については8月25日に発行する『コニサー倶楽部』を見てほしいが、とにかく現時点では、「これがベスト」と思えるものを、結論として出したつもりでいる。

 もちろんこれをどうするかは、これからの課題であり、今後そのことについては我々だけでなく、広く他の意見も聞きながらまとめていきたいと思っている。とにかく今回の座談会が、ささやかなきっかけになればと思っているのだが。

 いずれにしろ一石を投じることが、今必要なのではないかということでは、5人全員が一致した。ウイ文研の日常の仕事の中で、どうやってその活動時間を捻出するかが問題だが、私にとって、これが最後の大仕事だと思っている。少なくとも、それくらいの覚悟がないと、できない仕事である。

 ということで座談会後、恵比寿の仕事場にもどって、一人その草案づくり。今年の夏は例年にも増してやることが山積みだ・・・。

160710_1.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter