1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「東京フェスに向けてのミーティング」

 『ウイスキー通信』が終わって、ここ1~2週間『Whisky World』、『コニサー倶楽部』の原稿を毎日書きまくっている。ワールドは巻頭のアイラ特集で、ボウモア、ラフロイグ、アードベッグ、ラガヴーリンの4蒸留所の原稿を書き、その後、この30年のアイラの今昔物語。

 『コニサー倶楽部』は、ブラッシュアップセミナーの関連で、今回は巻頭でアイリッシュ特集をやることにした。その原稿も書き上げ、さらにアイリッシュ38蒸留所のすべてを地図にアップした。既存の4蒸留所に加えて、現時点で生産開始が確認できている新規蒸留所が14、さらに計画中のものが20の、計38蒸留所(!)である。

 それをすべてマップに落としこむことができた。現時点では、これが世界一のアイリッシュマップだろう。7月31日の大阪のブラッシュアップセミナーからは、この地図も使っていこうと思っている。

 スクールの新規講座や、ブラッシュアップセミナー、エキスパートの集中対策、検定対策講座も含めて、セミナーやイベントが目白押しなので、今日は3時半から全体ミーティング。

 まずはそれらのスケジュール確認をし、その後、長和フェス、琵琶湖クルーズ、そして東京フェスのミーティング。もう東京フェスの具体的な進行を話し合うタイミングにきている。

 東京フェスのセミナーはGM、ベンローマック、グレンモーレンジィ、カバランなどがすでに決まっていて、GMの社長、そしてアーカート家の4代目の来日も決まっている。さらに嬉しいことにグレンモーレンジィのビル・ラムズデンさん、カバランのイアン・チャンさんも来日する。残りのセミナーはアイリッシュなどを打診していて、これが決まれば、6コマすべてが揃うことになる。

 さらに、GMについてはフェス前日にもスペシャルGMデー、GMセミナーを100人規模で行う予定だ。なんといっても今日のウイスキーブーム、シングルモルトブームをつくった一番の立役者はGMをおいて他にはないからだ。もしGMが60年代、70年代からシングルモルトを出してくれなかったら、特にコニッサーズチョイスがなかったら、私も27年前にシングルモルトを始めようとは思わなかったかもしれない。

 そうなれば『モルトウイスキー大全』もなく、スコ文研をつくることもなく、ウイスキーコニサーもウイスキー検定もなかっただろう。すべてはGMから始まったといっても良いくらいなのだ。

 と、東京フェスのミーティングをした後、ウイ文研のホームページのこともスタッフ全員で話し合う。「ウイスキー検定」も今年からウイ文研が実際の運営をやることになり(そのための一般社団法人を別につくる)、それもあってホームページをもっと分かりやすく、一新したいと思っていたからだ。

 まだまだ話し合わないといけないことが沢山あったがスタートして4時間、7時半近くになっていたので、今日のミーティングは終わりにすることにした。夏から秋にかけ、イベントが満載なので、これからもミーティングの時間が増えてくる・・・。

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter