1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「新入りスタッフCさんの歓迎会」
 『ウイスキー通信』『コニサー倶楽部』が無事校了できたばかりだというのに、『Whisky World』の制作が始まっている。とりあえず、アイラ・ジュラツアーに行く前に書けるだけの原稿を書いてしまわないといけない。

 Booksのコーナーの本がまだ決まっていなかったが1冊は刷り上がったばかりの『ウイスキー検定過去問題集2』に決め、もう1冊はイアン・バクストンの『死ぬ前に飲むべき101のジン』に決定する。

 このところのクラフトディスティラリーはジンの製造を兼ねているところが多く、ほとんどの蒸留所がジンを造っている。しかも、ジン専用のポットスチルを併設するところも多い。

 ジンはウイスキーと違って熟成させる必要がなく、造りも簡単だ。一般的にはニュートラルグレーンスピリッツをバルクで買ってきて、それを50%くらいに希釈して、そこにボタニカルを詰めた袋を漬け込んで、それを蒸留すればいい。アルコール原酒に漬け込まずに、ラインアームの途中にバスケットを設け、そこにボタニカルを置くという手もある。

 ほどんとのクラフト蒸留所がやっているのは上記のどちらかの方法だが、他に減圧蒸留器を使ってやる所もある。まるで日本の焼酎の減圧蒸留みたいなものだが、これのほうが低温で蒸留するため、ボタニカルのフレーバーが熱変化を受けず、すっきりするという。もちろん他に、コンパウンドジンといって、香料を添加するという安直なジンもあることはあるが。

 というようなことをイアン・バクストンの本を読んで知った。知れば知るほど、ジンもなかなか面白い。ウイスキー文化研究所でウイスキーを造る際は、同時にジンも造ろうと思っている。そうすれば、もちろん「東京人」だ。

 ま、とにかくブックス欄の原稿を書いて、昼すぎにウイ文研。2時にサントリー広報のNさん以下3人が来社して、いろいろ話をする。私が日本にもどってウイスキーライターの仕事を始めた時に、私の担当になってくれたのがEさんで、Eさんが20年ぶりくらいに広報にもどったので、その件もあっての来社だった。

 その後、オールドパーのテイスティングノートを仕上げ、6時半から事務所のすぐ前の焼肉屋で新しく入ったスタッフCさんの歓迎会。代表世話人のSさんやNさんも来てくれて、総勢12名での歓迎会となった。

 椎間板ヘルニア以来ダイエットのため野菜中心で、焼き肉は食べていなかったので、本当に久しぶりの焼き肉となった。肉はやっぱり旨い!


160420_1.jpg


160420_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter