1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「フェスやスクールのミーティング・・・」

 昨日は午前中からサントリーのテイスティング。3月下旬から続けてきたテイスティングも、ほぼ57種類すべてが一段落。もちろん、これから推敲・構成を何度かやらなければならないが、アイラに行く前にすべて終了させたいと思っている。

 その実際のポップも、先週金曜日に凸版印刷から届いた。イオンやイトーヨーカドーなどのウイスキーコーナーに展示されるという。私のイラストが、やや若すぎる気もするが、まあ、あまり似ているのも・・・。

 昼すぎにウイ文研へ行き、それらの入力作業。その合間に『ウイスキー通信』、『コニサー倶楽部』の入稿の最終カクニン。来週25日の月曜日にどちらも発送だ。ちょうどアイラ・ジュラツアーに羽田から出発する日だが。

 さらに、夕方から『Whisky World』のタイアップ企画、オールドパーのテイスティング。オールドパーシルバー、12年、18年、スーペリアの4種類のテイスティングノートを作成するというもので、その作業を開始。

 今日は午前中『シングルモルトウイスキー大全』の重版のため、訂正箇所をチェック。午前中いっぱいかかってその作業を終わらせ、昼すぎにウイ文研。先週土曜日から痛み止めの薬を変えたが、あまり状態に変化ナシ。とにかく慣れるしかないのだろう。

 小学館の担当編集者Oさんに連絡して、チェックした大全を取りに来てもらう。今回の重版は2000部で、これで1年近くはもつが、その先はやはり全面改訂版を出すしかない。1年半後の2017年10月の刊行を目指して、今から準備開始である。最初の『モルトウイスキー大全』刊行から、ちょうど22年(!)。その年に生まれた子供たちが、大学4年生になる計算だ。
 
 それらの作業をやりながら、3時すぎからスタッフの全体ミーティング。アイラツアーや連休があるため、今後のスケジュールも含めて、決めなければならないことが山のようにある。

 まずは東京バーショー、プロフェッショナル試験、大阪フェスなどについてミーティング。バーショーは例によって記念オリジナルボトル(100ml)を3種出す予定だが、その中身についてはまだ未定だ。大阪フェスは、いよいよ具体的な進行スケジュールが必要になる。プロフェッショナルの問題は、ツアーから帰った連休中にやることにした。

 その後、休憩をはさみながら、第4回検定、長和フェス、琵琶湖クルーズ、来年の清里フェスと続く。第4回のウイスキー検定については、ほぼ実施日も決まり、今週か来週には発表予定だ。そのための『Whisky Life』第4号も、現在作っているところだ。

 さらにウイ文研のスクールについても、7時近くまでミーティング。6月頃から新しい講座を続々と開きたいと思っている。新しい事務所に引っ越してきて1年4ヶ月。ようやく態勢が整いつつあるからだ。

 受講生からの要望の多かった、「究極のモルトマラソン」の2クール目、そして閉鎖蒸留所のテイスティングも、ようやく実現する運びだ。といっても、今のところウイ文研にある6本のみだが・・・。


160419_1.jpg


160419_2.jpg


160419_3.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter