1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「シーバスミズナラと燻製料理…」
 昨年、『中央公論』に書いた私の文章が、ディスカスジャパンというニュース配信サイトから英文に翻訳されて全世界に配信されたが、今度同サイトから、中国語に翻訳されて配信されることが決まった。テーマはジャパニーズウイスキーについてで、このところウィスキーの話題が留まることを知らないかのようだ。

 先日もテレビでシーバス・ミズナラのコマーシャルが流れていたし、昨日はNHKの夕方のテレビで肥土さんとイチローズモルトが特集されていた。2月に行われた京都ウイスキーパーティーの際に、そういえばテレビの収録が行なわれていたが、その時のインタビューの様子も放送されていた。

 シーバスのCMにはマスターブレンダーのコリン・スコット氏が登場していて、そのことも驚かされた。こういう形でマスターブレンダーがテレビCMに登場するのは初めてではないかと思う。画面にシーバスのミズナラ樽が写っていたが、ベールに包まれていたミズナラの正体が少し分かったような気がする。

 ということと関係なく、今日も午前中に『Wisky World』の原稿を2本書き、昼すぎにウイ文研。ウイスキー通信、コニサー倶楽部が同時進行していて、3時すぎに通信の連載企画、今月のくんせいコーナーの写真撮影。

 今回は肉のくんせいで、豚のロースと砂肝、そして手羽の3種類。さらにカマンベールのくんせいだ。例によってスタッフOさんの力作で、もちろんくんせいはパナソニックのけむらん亭。合わせるウイスキーは、テレビCMのこともあり、シーバスミズナラの濃いめのハイボールにした。グラスは山崎のウスハリグラスである。

 撮影後、スタッフ全員で試食したが、どれもこれも美味。先週のお花見のビールが冷蔵庫にあまっていたので、それを飲んで乾杯。3時のおやつ替わりにウイ文研ではビールにハイボールである。

 その後、5月20日の“ウイ文研テイスティング”用のボトル6種と、大阪フェス・オリジナルのカバラン・ピーティカスクを撮り、体調不良もあって5時すぎに恵比寿の仕事場にもどる。

160413_convert_20160415181428.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter