1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪フェス記念ボトル2種・・・」

 椎間板ヘルニアのため、急遽アイルランド取材をキャンセルせざるを得なくなっている。そのため、昨日・今日と旅行会社を交えて緊急ミーティング。出発前2週間を切っての決断のため、バタバタすることばかりだ。アイラ・ジュラツアーについては予定通り行く予定である。

 それらのミーティングの合間に『ウイスキー通信』『Whisky Life』『コニサー倶楽部』の原稿書きと校正。通信とコニサー倶楽部は4月25日発行なので、今週中にすべて編集作業を終わらせないといけない。

 さらに6月5日の大阪フェスに向けての準備も着々と進めている。フェスの目玉の記念ボトルは今回2種類。1つはスコッチブレンデッドモルトで、60年代、70年代の原酒も入っているスペシャルボトル。フルボトルでスコットランドから取り寄せた。

 例によってラベルは渡辺トモコさんのオリジナル版画。今回はNHKの大河ドラマ「真田丸」の舞台ともなっている大阪城。豊臣のシンボルでもあるヒョウタンも描かれている。

 もう1つは、さらに目玉となりそうな台湾カバラン蒸留所のシングルモルト。蒸留所でしか買うことができない「ピーティカスク」で、大阪フェス限定で150本だけ特別に輸入してもらった。ピーティカスクはアイラモルトが入っていた樽で熟成させたカバランで、300mlという手頃なサイズでボトリングされている。もちろんカスクストレングスのノンチルだ。

 さっそくサンプルが1本届いたので、スタッフ全員でテイスティング。いかにもカバランらしいリッチなフレーバーに、かすかなスモーキーさが加わっている。どこの蒸留所の樽かは明かしてもらえなかったが、なんとなく察しはつく。アイラモルトは中身のウイスキーだけでなく、最近はその空き樽にも注目が集まっているのだ。

160412_1.jpg


160412_2.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter