1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「WPの集中対策セミナー」

 先週は座骨神経痛と闘いながら、通信、コニサー倶楽部、ウイスキーライフの原稿を執筆。その間、サントリーから依頼されていた世界5大ウイスキーのポップのための、テイスティングを行う。

 今回は17種類のウイスキーのテイスティングを行い、それをポップに。もともとの発想はナツメ社の『ウイスキー完全バイブル』からだったが、それをすべて改め、イラストも今回は新しくした。最初のイラストは少し若いイメージだったので(それはそれで嬉しいのだが)、年相応に改めてもらった。プロのイラストレーターによる、完全な新作だ。来週くらいから、スーパーや大型量販店の棚に並ぶ予定だ。

 今日は朝イチに起き、8時半すぎに飯田橋レインボービルへ。腰を痛めてから、電車を乗り継いで遠出をするのは、今日が初めてだ。不安はいっぱいだが、だからといって休むわけにはいかない。普段なら、さっと歩くところだが、ゆっくりでないと歩を進められない・・・。

 どうにか無事について、9時半からウイスキープロフェッショナルの集中対策セミナー。とりあえず、スコッチウイスキーとスコットランド、そしてアメリカンとカナディアンを午前中3時間15分ほど講義。特に2月にやったブラッシュアップセミナーの資料を使い、スコッチの新しい蒸留所、最新のトレンドについて重点的に話をする。

 プロフェッショナルは記述の問題も含まれるので、重要な年号と語句についてはポイントを説明した。いつも思うことだが、半日くらいのセミナーでは、とてもすべてをカバーできない。あとは受験生がどれだけテキストを読み込み、そして日頃どれだけウイスキーや世の中に対してアンテナを張っているかだ。

 試験は決してやさしいものではないが、勉強すればするほど、ウイスキー愛が深まると思っている。

 1時前に私が担当する午前の部は終了し、午後の講義を受けもつY氏と交替し、再び電車を乗り継いで、ゆっくりと恵比寿の仕事場にもどる。飯田橋のお堀の桜が満開で、多くの人が出ているが、とても楽しむ余裕はない。もどって再び、通信やライフ、コニサー倶楽部の原稿書きである・・・。

160403_1.jpg


160403_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter