1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「グレンモーレンジィのミルション・セミナー」

 9時すぎの特急ひたちで、11時半に恵比寿の仕事場にもどり、その後1時すぎにスコ文研、いやウイスキー文化研究所のオフィスへ。どうもスコ文研にかわる省略形がみつからず、少し難儀をしている。ウス文研じゃ変だし、ウ文研というのも…。とりあえず、もう少し様子をみることに。

 とにかく急いでワールドの校正と編集を行い、アイラ・ジュラツアーのアポ取りを確認したところで、2時半すぎに降りしきる雨の中、地下鉄で銀座へ。銀座5丁目のビルの7階で開かれたグレンモーレンジィのミルション・テイスティング会に参加。

 この会の存在を知らされたのは先週だったが、ビル・ラムズデンさんが来日するというなら、行くしかない。タイトなスケジュール(お互いに・・・)だったが、3時半の会に間に合った。

 ミルションはプライベートエディションの第7弾で、ゲール語で「スイーツ」の意味だが、パッケージもまるでスイーツショップのよう。イギリスに多いキャンディーショップのように華やかだ。これには賛否両論あったとビルさんはいうが、私はキライではない。イギリスに暮らしていた時に、よく子供にせがまれて行ったキャンディーショップを思い出す。どの街のショッピングモールにも、このようなキャンディーショップが必ず存在した。

 しかし、中身についてはなかなか凝っている。さすが「樽のパイオニア」と呼ばれるグレンモーレンジィ、ビルさんらしい樽のこだわりだ。このミルションに使われた樽はポルトガルの赤ワイン用につくられた、ヨーロピアンオーク(おそらくポルトガル産)のバリック樽で、それをもう一度トースティングして、内面をキャラメライズ化したものだ。

 この工程はスライドを使って説明されてもよく分からないかもしれないが、昨年スペインのクーパレッジに行ってトースティングの工程を見ていたので、よく分かった。赤ワインを払い出した直後の、まだワインが滴るような樽のヘッド(鏡)を外し、オークの端材を燃やして内側をじっくりとトーストしているのだ。

 そうしてできた樽、269樽をスコットランドに運び、そこにモーレンジィのオリジナルとほぼ同様のウイスキーを詰め、2年半の追加熟成を施している。当初は5年くらいと考えていたそうだが、2年半をすぎるとヨーロピアンオークが強く出すぎるということらしい。それでその中から167樽を選び、今回ボトリングしたというわけだ。

 全世界5000ケースだということだが、人気が高く、後で聞いたらすでに日本では売切れに近いとか・・・。プライベートコレクションは第1弾からすべてテイスティングしたが、どれもこれも面白い。今回の第7弾も、ビルさんの想い入れ、そしてアイデア、遊び心がつまった1本になっている。

 以前、「ツチヤさんが考える可能性については、すべて試しています」とビルさんは言っていたが、はたして、これからどんな”隠し玉”を用意しているのか。まだまだ我々が知らない樽がぞくぞくと出てくるのだろう。

 「本当は11月の東京フェスに来たいと思っているのですが・・・」という、ビルさんの友情には感謝してもしきれない。ここ数年、何度もトライしているのだが、グレンモーレンジィの世界的な人気で、実現していない。アジアでは日本以上に台湾で売れていて、とにかく世界中でビルさんは引っ張りダコなのだ。

 我々の使命は、もっともっとグレンモーレンジィを日本でプロモートすることかもしれないと、改めて思った。そうすればビルさんの来日の機会も増えるだろう・・・。

160314_1.jpg


160314_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter