1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「水戸の『紅茶館』30周年パーティー」

 結局、昨日は恵比寿の仕事場から一歩も出ずに、ひたすら『ウイスキーワールド』の原稿執筆と校正。さらに『ウイスキー通信』、『コニサー倶楽部』の編集作業。

 今日は朝5時45分に起きて、8時半上野発の特急ときわで水戸へ。昨日は一歩も出なかったので分からなかったが、外は驚くほど寒い。水戸駅からは雨の中歩いて駅前の京成ホテルに行く。10時前に着いて、10時半から水戸『紅茶館』の30周年パーティーに出席。

 というより1部の記念講演と、2部のパネルディスカッションを頼まれていたからで、予定通り11時10分から1時間ほど、「5年間の暮らしで見えてきた英国の紅茶文化」と題して講演を行う。

 ウイスキー意外のテーマで講演をすることは最近めったになくなったが、水戸だけはここ20年近く、毎年1回か2回は紅茶からイギリスの歴史、文化、そしてイギリス以外でもアイルランドやウェールズ、スコットランド、アフリカ、中国、インド、ヒマラヤ、チベットなどについて話してきた。

 『紅茶館』の先崎さんとは、もう22年の付き合いになるが、実は私が『モルトウイスキー大全』を書く前に、『紅茶のある風景』という本を書き、それがきっかけで日本紅茶協会のシニアインストラクター向けに講義を行ったのが、始まりであった。当時はウイスキーよりも、紅茶やイギリス文化についての講演依頼のほうが多かったのだ。

 30周年パーティーは300人近い参加者を集めた盛大なもので、結局2部のパネルディスカッションも終わり、会がお開きとなったのは午後4時。その間3~4種の紅茶とサンドイッチ、オードブル、ローストビーフなどが出されたが、一滴の酒も飲んでいない。乾杯の時もノンアルのスパークリングワイン(!)で、私にとっては初めての経験。

 ようやくアルコールにありつけたのは、6時から開かれた打上げの席であった。30周年パーティーの出席者の90%以上が女性で、しかも車の運転をする者も多いということで、アルコールなしの会となったが、さすがに乾杯からノンアルは、困ってしまった。

 紅茶の鑑定とウイスキーのテイスティングは似たところも多いが、こればかりは・・・。


160313_1.jpg


160313_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter