1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ボトラーズフェスが終わって…」

 6日のボトラーズフェスが無事終わって、ホッとする間もなく、『ウイスキーワールド』等の原稿執筆、編集作業が佳境を迎えている。月曜、火曜とそれらの作業をやり、今日は午後2時からWAVE出版のSさんと、次の本の企画でミーティング。

 デイブ・ブルームの大型本の翻訳を考えていたが、やはり情報が古すぎるので、その企画は断念することに。とにかく、ここ1~2年、ウイスキーを取り巻く環境が激しく変化していて、今本を出しても、すぐにその情報は古くなってしまうというのが現状だ。

 私の『シングルモルトウイスキー大全』も、今年4度目の改訂版を出そうと思っていたが、もう少し情報の見極めが必要と思い、1年迎期することにした。今年はできる限り多くの蒸留所をこの眼で見たいと思っている。

 スコットランド、アイルランドだけでなく、できれば今年中にアメリカ、カナダも回りたいと思っているのだが。もちろん、日本のクラフト蒸留所も早い段階で一度回っておくつもりだ。

 2時のミーティング後、こんどは4時から朝日新聞の取材を受ける。やはり秩父のウイスキー祭に取材に来ていたようで、肌でウイスキーの盛り上がりを感じ、記事にしようということらしい。1時間半ほど、現在のウイスキーブーム、クラフト蒸留所ブームについて話をする。

 今年になってから新聞や雑誌の取材が相ついでいて嬉しいのだが、そのたびに貴重な時間を取られるのがツライ・・・。とにかく4月下旬にアイラ、アイルランドに行く前に、ワールドや通信を含め、ウイスキーライフ、コニサー倶楽部など、計5冊の雑誌、ニューズレターを作ってしまわないといけない。

 さらにウイスキー検定は終わったが、今度は5月末のプロフェッショナル試験に向けて、2つの集中対策セミナーと問題作りが待っている。もちろん、ボトラーズフェスが終わって、次の大阪フェスまで、もう3ヶ月を切っているのだ。

 ということで、取材後再びワールドの校正作業にもどり、6時半に恵比寿の韓国料理屋コーラへ。昨年の忘年会をやったところで、その時のカムジャタンが美味しかったので、ボトラーズフェスの打上げと、スコ文研創立15周年を祝う、ささやかな飲み会を催すことにしたのだ。

 スコ文研は3月2日に、めでたく15周年を迎え、組織名もスコッチ文化研究所からウイスキー文化研究所に改めた。そのこともあり、スタッフと世話人、総勢14名で鍋をつつきながらの飲み会となった。

 15年前のオフィスは南麻布の古いワンルームマンション。常駐スタッフは私一人しかおらず、3月の時点では机1つ、コピー機1台しかなかった。それが今は3代目のオフィスとなり、広さも37㎡から122㎡、スタッフも私を含めて9名となった。当時ミーティングは、神楽坂のバー「フィンガル」でやっていたのを思い出した。スコ文研オフィスには、ミーティングテーブルさえなかったからだ。

 …あれから15年。当時のオフィスは5階にあり、窓の外にはケヤキの大木があった。今のオフィスは2階でベランダの外には、公園の桜の木がある。引っ越してきて、今年で2度目の春。はたして20周年、30周年はどうなっているのだろう。

160309_1.jpg


160309_2.jpg


160309_3.jpg





スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter