1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「新宿の居酒屋をハイボールでハシゴ酒」

 今日は『ウイスキー通信』の発送日だったが、いつものように作業はスタッフにまかせ、午前中は恵比寿の仕事場で、ブラッシュアップセミナーの準備。スコッチの新規蒸留所については一度まとめたので、次はアイリッシュだ。

 スコッチ以上に凄いことになっているのがアイリッシュで、従来からあったブッシュミルズ、ミドルトン、クーリー、キルベガンの他に、現在新規の蒸留所が、その計画中のものも含め32にのぼるのだとか。すべて実現したら、南と北を合わせ、アイルランドには40近い蒸留所が一気にひしめき合うことになる…。

 1950年代からタラモア、ロックス(キルベガン)、ダブリンのボウストリート(ジェムソン)、ジョンズレーン(パワーズ)と相ついで閉鎖され、1970年代後半には北のブッシュミルズと、南のミドルトンの2つの蒸留所しか残らなかったことを思うと、隔世の観がある。この40年でその数が10倍近くに増えることになるからだ。

 それらの資料整理に午前中一杯かかってしまったが、1時45分に新宿駅西口、ヨドバシカメラの近くにある「鳥元」に行って、ニッカのチーフブレンダーである佐久間さんと、ウイスキーワールドのタイアップ企画。

 ブラックニッカ・クリアブレンドを氷点まで冷やした”フリージングハイボール”と、居酒屋料理のコラボで、私と佐久間さんのおやじコンビが、新宿の居酒屋をハイボールを飲みながらハシゴするというもの。もちろんお店の都合で昼間の撮影となったが、美味しい焼鳥や海鮮料理(板前バル)を味わいながら飲む、フリージングハイボールは最高の瞬間。

 取材のことを忘れて、すっかり良い気分になってしまったが、5時からスコ文研でツアーのミーティングがあることを思い出し、慌てて私だけ事務所にもどることに。10分遅れだったが、予定通りアイラ・ジュラツアーと、その後のアイルランド取材のミーティングをし、その後は再びブラッシュアップセミナー等の準備。

 さすがに昼間から4~5杯のハイボールを飲んだせいか、モーレツに眠く仕事に集中できないため、早々にスコ文研を退散することに…。そうでなくても横文字はつらいが、酔眼では英文字が踊ってみえる。


160225_1.jpg


160225_2.jpg


160225_3.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter