2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「秩父ウイスキー祭でトークショー」

 ボトラーズフェスと、その前のブラッシュアップセミナーの準備が着々と進んでいるが、今日はスコ文研として出展する「秩父ウイスキー祭」。私自身はメインステージのオープンセミナーでMCも務めるが、ブースの準備のため、7時半池袋発の特急レッドアロー号で秩父へ。昨日の雨がウソみたいに晴れわたり、飯能を過ぎてからの秩父の山や川が実に美しい。

 まだ新緑というには早すぎるが、それでも雨で洗われた山野は清々しい。こういう風景を見ると『渭城の朝雨軽塵をうるおし 客舎青青柳色あらたなり』という漢詩を思い出してしまう。そんな車窓の風景を楽しみつつ9時前に西武秩父駅へ。ここで別路線で来たスタッフとも落ち合いタクシーで会場となる秩父神社へ。

 今年で3回目になるというウイスキー祭だが、私は過去にスコ文研イベントと重なっていたため、来るのは初めて。今年は過去最大規模で入場者が3000人を超えるということで、秩父神社と地場産センターの2ヶ所での開催だ。

 スコ文研ブースは神社2階のスペースで、さっそくスタッフ6名で展示の準備。ある意味、主催ではないイベントは気が楽だが、その分物販やボトル販売、有料試飲で頑張らないといけない。こういう機会でもないと私自身はブースに入れないので、有料試飲に気合が入る。

 途中、あまりの人の多さで休憩を取ることもできなかったが、1時前にはオープンセミナーの会場である地場産センターに移り、1時15分からトークショー。日本のクラフトディスティラリーに迫るということで、静岡の中村さん、厚岸の樋田さん、そして笹の川の山口さんに登場してもらい、1時間のトークショー。それぞれの蒸留所の経緯や、思い入れ、こだわりをたっぷりと語ってもらった。

 実は3月6日の「ボトラーズ&クラフトウイスキーフェスティバル」でも、急遽トークショーを行うことが決まり、その時はこのお三方と、本坊酒造の本坊さんにも登場していただくことになっている。今、もっともホットなウイスキートピックスで、多くの人の関心が集まっていることが、やっていてヒシヒシと感じられる1時間であった。

 オープンセミナー終了後、栃餅とおこわの簡単な昼食をとり、再び神社にもどってスコ文研ブースに。予定通り会は5時に終了し、すぐにパッキング。6時半からは出展者、実行スタッフをまじえた打上げに参加。ビールや日本酒(これが実に旨かった!)、ワインをがんがんに飲み、腹もすいていたので、焼きソバやおにぎりも頬張る。

 打上げもさすがの熱気で、改めて秩父のすごさ、今のウイスキー人気の盛り上がりを実感した。会はまだ続いていたが、スタッフと一緒に西武秩父駅に行き、8時半すぎの特急で東京にもどる。車中は爆睡で、気がついたら列車は池袋に着いていた・・・。


160221_1.jpg

160221_2_2016022417072965f.jpg



160221_3.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter