FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ボトラーズフェスの100mlボトル作り・・・」

 ボトラーズフェスの招待券を発送し終わったばかりだが、すぐにスコ文研からの重要なお報せを、書面にして発送する準備に取りかかる。これはスコ文研が15周年を迎えるにあたっての変革についてだが、正式には3月初めに発表したいと思っている。

 昼すぎにスコ文研に行き、ボトラーズフェスの準備。3つのセミナーとは別に、メインステージで私がMCになってトークショーを行うことが急遽きまったが、他にもマスター・オブ・ウイスキーの認定楯の授与式も行うことになった。昨年のYさんも機会を逃していたので、今年のマスターKさんと、できれば2人で行いたいと思っている。

 その準備は着々と進んでいるが、一方で私のほうは、各フェスティバルで人気の100ml入り、オリジナルお土産ボトルの製作に取りかかる。今回も3種類で、中身はスコッチのブレンデッドモルトにジャパニーズブレンデッド、そしてアメリカンである。スコッチは例によって20~25種類近くをブレンドしているが、かなりスモーキーな仕上がりになっている。

 ジャパニーズは美味しいグレーンウイスキーをたっぷりと効かせた、春を想わせる、甘く優しい味わいになっている。今回のイチオシボトルかもしれない。アメリカンはケンタッキーとテネシー(少量)をブレンドしたもので、かなりレアなバーボンが入っていて、非常に美味。いずれにしろ各50~60本しかないので、早いもの勝ちだ。

 今回は検定合格者向けのスペシャルボトルもつくる予定なので、それもお楽しみだ。さらにスコ文研ブースの有料試飲では、私の誕生年であるGMのグレングラント1954や、その他の秘蔵レアボトル、オールドボトルも出す予定で、今そのリスト作りも進めている。これもボトラーズフェスならではのお楽しみである。

 とにかく、普段飲めないようなものを、思いっきり楽しんでもらいたいと思っているのだ。いつまでも持っていても、しょうがないし、オークションなどで高く売ることは、ウイスキー評論家という肩書きで仕事をしている以上、職業的にやってはいけないことだと思っている。

 甘利さんではないが、それがウイスキー評論家、物書きとしての矜持だと思っている。

160218_1.jpg




スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter