1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「秩父ウイスキー祭、ボトラーズフェスに向けて」

 午前中は恵比寿の仕事場で『ウイスキー通信』の校正、原稿を書いて昼すぎにスコ文研。京都ウイスキーパーティーの荷物が届いたので、さっそく21日(日)の秩父ウイスキー祭のための有料試飲ボトルを選ぶことに。京都でもいくつかの目玉があったが、今回の目玉は「山崎シェリーカスク2013」と「ハイランドパーク40年」の2つか。

 前者はジム・マーレイが『ウイスキーバイブル2015』でワールドベストウイスキーに選んだもので(97.5点という最高点)、後者は私の還暦パーティーの時に1本だけつくってもらった60年ラベルの40年物(!)。どちらも1杯4000円で提供しようと思っている。

 とにかく、それらを含め30~40本近くを用意した。さらに検定合格者特典として、マクダフの販売や、200mlボトルの販売も行う。もちろん、いつものようにオリジナルフルボトル、さらに秩父記念のオリジナル100mlボトルもある。秩父に参加するのは私自身初めてで、今から楽しみにしている。

 それら秩父の準備、ウイスキー通信の入稿作業、4時から全体ミーティング。秩父のこともそうだが、その1週間後に迫ったコニサーのブラッシュアップセミナー、そしてさらにその1週間後の「ボトラーズ&クラフトウイスキーフェスティバル」のミーティングを行う。

 特にボトラーズフェスについては、イマイチ集客ができていないので、その対策と、セミナーのチケット販売についても話し合う。3つのセミナーのうち厚岸のセミナーについては早々にキャンセル待ちになっているが、私と早川さんのセミナーについてはイマイチだ。この時にしか飲めないボトル(売切れて在庫がない)や、今注目のアイリッシュも飲める。

 スコ文研15年の歩みを語りつつ、オリジナルボトル、PBボトルの可能性と、ますます厳しくなるというボトラーズ事情、瓶詰め輸入する際のスコッチのレギュレーションについても、最新事情を語りたいと思っている。もちろん、アイリッシュもだ。

 早川さんのセミナーも、この時にしか飲めないレアボトルがアイテムに含まれている。さらにこれからの日本のクラフト蒸留所、クラフトウイスキーについて、その可能性と実際のつくりについて、ここでしか聞けない話が満載だ。ぜひチェックしてみてほしい。

 ということで、ミーティングは2時間半近くにもおよんだが、まだまだ決めなければならないことが山積みである。

160215_1.jpg


160215_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter