1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「検定1級の採点と早川さんの製造概論」

 京都からもどって体がバテバテのせいもあり、昨日の土曜日は午前中半日休みとした。本当は「酒育の会」のコニャックセミナーに行きたかったが、検定1級の記述部分の採点をやらなければならず断念。昼すぎから夜までかかって200名近い1級の採点を行う。こればかりはコンピューターで読み取ることもできず、私しか採点、最終判断が下せないからだ。

 今日は午前中、『ウイスキー通信』の原稿執筆、校正作業をして、昼12時半にスコ文研。1時から早川さんの「プロのためのウイスキー製造概論」に出席。これは昨年12月に始まった全3回のコースで、今回がその最終回。ブレンディング、ボトリングなど、ウイスキー製造工程の最終段階について3時間にわたって講義が行われた。

 全3回で計9~10時間。そのために用意した資料も全200ページ近くになる大変なものだ。この講義を受け、資料を熟読したら実際にウイスキー造りに着手することができるかもしれない。今回の受講生は30名ほどだったが、この中から将来、新たなウイスキーの造り手が誕生するのは間違いないだろう。実はスコ文研も近い将来、ウイスキーの蒸留所をつくろうと思っている。今は他の仕事で手一杯だが、4年後の東京オリンピックまでには実現させたいと思っている。

 私の“ウイスキー人生”の、いわばそれが集大成。どんな蒸留所をつくるのか、ほぼ頭の中でアイデアは固まっているが、発表はまだまだ先だ。3月6日のボトラーズフェスでは、1つ重大な発表をしないといけないが、15周年を迎えたスコ文研の今後20年、30年を見すえた新たな挑戦でもある。

 もっとも20年後には私は82歳、30年後には92歳(!)だが・・・。


160214_1.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter