1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「京都ウイスキーパーティーが無事終了」

 5時に起床し、ホテル8階の温泉大浴場で朝風呂につかり、7時半に朝食。ちょうど春節ということもあるのか、宿泊客の半分くらいが中国人といった感じだ。その後8時半にホテルを出て、タクシーで「京都ウイスキーパーティー」の会場となる平安ホテルへ。今回は主催が新・京都支部で、後援・協賛がスコ文研本部という形だが、やはりやることが多い。

 さっそく主催者側の代表、Kさん、Sさんと簡単な打ち合わせをし、それからブースの準備。一段落したところで各ブースにも挨拶回り。参加人数を心配したが、開場の1時間以上前から長蛇の列ができていて、改めてウイスキー人気の沸騰ぶりを感じた。東京や遠く九州、北海道から来ている人もいる。

 そんな中、予定通り10時45分にオープンし、11時に開会宣言。ウイスキーフェスの場合、バグパイプが付き物だが、京都は京都らしくということで、ジャズの生演奏になった。もちろん、これもアリかもしれない。私のほうは開始早々、11時半からカバランセミナー。『カバランウイスキーはどこが凄いのか』と題して40分ほど話をし、その後、金車コンダクター、ソリストバーボン、シェリー、フィノの4種をテイスティング。予定をややオーバーして12時35分に終了。

 ウイスキーパーティーそのものは、人の波が途切れることなく、スコ文研ブースのオリジナル100mlボトルも開始15分で売切れ。それ以外のフルボトル、関連書籍もいつにも増してよく売れた。やはり昨年の京都フェスでこのイベントを知って、今年も楽しみにしてくれていた人たちが多かったようだ。

 今年スコ文研は「全国47都道府県でウイスキーフェスを!!」とキャンペーンを掲げているが(もちろん半分はジョーク・・・)、少しずつでも、この手のフェスを地方に広げていければと思っている。それほど、みんなウイスキーの情報に餓えているし、この手のウイスキーのイベントほど楽しいものはないのだ。

 京都ウイスキーパーティーは盛況のうちに5時に予定どおり閉会。一度、京都駅前のホテルにもどり、その後8時に支部の有志たちによる打ち上げに参加。メンバーの一人がオーナーを務める「坊主バー」で、ビールやハイボールを飲みながら、これからの活動について話をする。

 大阪フェスや琵琶湖クルーズもそうだが、やはり今回実現できなかった伏見のウイスキー祭についても、リベンジしたいと思っている。もっとも、伏見は例の”不倫議員”で話題になっているようだが。まだまだ、やらなければならないこと、やってみたいことは山ほどあるのだ。


160211_1.jpg


160211_2.jpg


160211_3.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter