2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールドの座談会とウイスキー検定」

 昨日の土曜日は朝から『ウイスキー通信』の原稿書き。”スコッチのクラフトディスティラリー”と題して、今建設中のものも含めて20近くの新規蒸留所について、原稿用紙20枚ほどを執筆してしまう。

 一段落したところで7時すぎに大久保でスコ文研特別顧問の藤原さんと食事。久しぶりに美味しいタイ料理を堪能した。スコ文研がこの3月で15周年を迎えるにあたり、いろいろ改革したいこともあり、その相談にのってもらっている。

 今日は午前中、再び原稿を書き、12時すぎにスコ文研。毎年恒例になっているテイスター5人による、テイスティング座談会。昨年1年間テイスティングした計108本のボトルについて、カテゴリー別にベストウイスキーを選び、さらに昨年の話題賞やベスト蒸留所、パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー、ベスト・ウイスキーバーなどを選ぶというもの。

 まずはスコッチのシングルモルト。これはオフィシャルとボトラーズがあり、さらにブレンデッド、ブレンデッドモルトも選んでゆく。昨年『Whisky World』で飲んだものというくくりなので、これ以外にも、もちろんボトルは山ほどあるかと思われるが、それを言ったらキリがない。何しろ1年間でリリースされるウイスキーは2000種類を超えているのだから。そのうちスコッチは7割として1400~1500本にものぼる。あくまでも私たちが、ワールドのテイスティングで選び、それを採点した中でという範囲だ。

 結果については、3月に発表する予定だが、スコッチに始まり、アイリッシュ、ジャパニーズ、カナディアン、そしてアメリカン、さらにワールドウイスキーについても選んでゆく。

 そのために用意したボトル30~40本を飲みながらだから、やるほうもかなりシンドイ作業だ。テイスター5人はそれぞれ分担が決められているから、それぞれが初めて飲むものもある。誌面に掲載された点数が絶対ではなく、この座談会の場で5人がテイスティングし、確認と再評価を下していくのだ。

 5大ウイスキーとワールドウイスキーが終了したのが3時半すぎ。そこから今度は話題賞などを選定する作業。予めテイスターには考えてもらっていたが、最終的にはこれも5人で協議して、それぞれの賞を決めていく。すべてが終了したのは4時過ぎだったが、例年よりはスムーズにいったという感じだ。

 2008年よりスタートして、今回で8回目。さすがに我々も慣れてきたのか、それとも全員が年を取って、昔のようには飲めなくなったのか・・・。最初の頃は1時に始まって、終わるのは5時すぎ。50種類近くをテイスティングしていたが、さすがにそれは・・・。

 とにかく、すべての発表は3月ということで、座談会はお開き。今日は第3回ウイスキー検定の試験日だったので、会場からの報告を待ち、その確認をしたあとで、恵比寿の仕事場にもどる。とりあえずワールドの座談会も、ウイスキー検定も無事終了だ。


160207_1.jpg


160207_2.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter