2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキー検定1級対策講座」

 『Whisky World』の下版も終わり、ウイスキー検定の問題づくりも、どうにか先が見えてきた。3級・2級はすでに制作に入り、JW級も昨日金曜日に最後のオーソライズを出してしまう。残りは1級のみだが、これも週明けには印刷に回せそうだ。

 本当は一段落つけたいところだったが、最後の集中対策セミナーが残っており、今日は9時半にスコ文研に行き、10時から1級のセミナー。午前中、私がスコッチ以下、アイリッシュ、アメリカン、ジャパニーズをやり、午後、谷嶋さんが製造をやるというスケジュール。

 参加者は25名ほどで、予定どおり午前の部を1時すぎに終了し、私は恵比寿の仕事場にもどって、再び仕事。ワールド、検定の問題づくりは一段落したが、こんどは『ウイスキー通信』の編集作業が待っている。

 今年は検定だけではなく、ウイスキーコニサーの『コニサー倶楽部』も充実させると、以前書いたが、そのためのブラッシュアップセミナーを2月28日の日曜日に、飯田橋のレインボービルホールでやることにしている。そのための準備、資料作成も着々と進めているところだ。

 スコットランドもイングランドも、そして日本やアメリカでも続々とマイクロディスティラリー、クラフトディスティラリーが誕生しているが、アイルランドの勢いも凄まじい。タラモアデューやダンダルク、ティーリング社のダブリン蒸留所についてはすでに生産開始しているのを知っていたが、それだけではなく、現時点で7~8か所の蒸留所が操業を開始していて、計画段階のものも含めると、その数は30近くになるのだとか。

 1970年代にはブッシュミルズとミドルトンの2つ、1980年代後半(実際には1989年)にはクーリーが加わり3つ、そして2000年代にそのクーリーが復活させたキルベガンを含めても4つ…。それを考えれば、今30近い蒸留所が立ち上がろうとしているこの現状は、凄いの一語につきる。世界5大ウイスキーの中で、もっとも伸びシロがあるのが、このアイリッシュかもしれないのだ。

 そんな最新情報も加えつつ、1級の集中セミナーをやったが、それらについては2月で、より詳しく語りたいと思っている。この2~3年で、世界には100近い新しい蒸留所が誕生しているのだ。



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter