1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「アサヒさんと忘年会兼懇親会…」

 年内一杯でスタッフのNさんが辞めるため、急遽その引き継ぎ作業で昼前にスコ文研。スタッフにそのことを告げ、1時からマスター・オブ・ウイスキーの論文判定。代表世話人のYさん、Nさん、Sさんに採点結果を持ち寄ってもらい、1つずつ論文を審査してゆく。結局1時間半かけて協議し、今年度の合格者を3名とする。

 その後、入稿が間近となった『Whisky Life』の校正、原稿チェック。『ウイスキー通信』は印刷所から届くのを待つばかりだが、その通信に同封するツアーやセミナーのチラシ類が、続々とオフィスに届いている。

 今回は通信のほかに『コニサー倶楽部』『Whisky Life』があるため、発送もややこしい。本来は同時に発送をと思っていたが、ライフだけは年明け早々にした。それ以外は年賀状も含め、すべて年内の発送である。

 その年賀状の図案は当初モンキーショルダーでやろうと思っていたが、誰もが考えることだと思い、ラガヴーリンでやることに。2016年は、ラガヴーリンが創業200周年を迎えることも、その理由のひとつだ。

 それらの作業が一段落したところで、来年6月の大阪フェスのミーティング。日時と会場だけは決まっていたが、それ以外はなにも決まっていなかったので、担当も含めてスタッフ全員でミーティングを行う。

 ただしミーティングを途中で切り上げ、6時半から恵比寿駅西口にある居酒屋で、アサヒのYさん達6人と忘年会をかねた懇親会。スコ文研の参加者も8名となり、総勢14名の宴席だ。2時間飲み放題というセットだったが、わざわざ持ってきてもらった、余市と宮城峡のリミテッド、ザ・ニッカ12年が実に美味。料理以上に、すっかりウイスキーを堪能してしまった。


151221_1.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter