2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「キリン富士御殿場蒸溜所でツアーの取材・・・」

 朝8時に恵比寿駅のロータリーに集合して、カメラマンのW君、ライターのN君の3人でキリンの御殿場蒸溜所を目指す。リニューアルしたビジターセンターとツアーを『Whisky World』で紹介するためで、東名高速を走り9時すぎには御殿場着。アポまでには時間があったので、東山湖に一度寄り、10時半頃に蒸溜所へ。とにかく雲ひとつない冬晴れの快晴で、富士山がくっきりと、しかもいつもより大きく見えている。御殿場には何度も来ているが、こんなにくっきりとした富士山を見るのは、初めてだ。

 11時のアポだったが、さっそく展望台や森を見せてもらい、その後工場長の城戸さんからリニューアルのポイントなどをうかがう。今回は我々が取材で見て回るのではなく、一般の見学客目線で見るため、11時半の定時のツアーに参加者としてついて回ることに。

 まず最初に10分ほどの映像を新設のシアターで見せられるが、これが実によく出来ている。プロジェクション・マッピングを駆使したワイドスクリーンの映像で、迫力満点!何よりも映像が分かりやすくて美しい。スコットランドやアイルランドには、これに匹敵するものがあるが、日本では御殿場が初めてではないかと思う。

 その後、ガイド嬢について工場を見て回るが随所に新しい工夫が施されていて、見る者を飽きさせない。ガイド嬢も、マニュアル通りではなく、よく勉強していると思う。トータルで1時間半くらいのガイドツアーの最後は、ビジターセンターにもどって、テイスティング。富士山麓樽熟50°のロック、ハイボールをいただきながら、リラックス&ショッピングだ。

 ツアー一行と別れた後に再び城戸さんから説明を受けたが、その時に新商品のシングルモルト17年、シングルグレーン25年の2種をテイスティングさせてもらう。モルトの17年は香り立ちが抜群によくて、いかにも御殿場モルトという気がするし、グレーンの25年も、これまた御殿場らしさが出ていて秀逸。どちらもクオリティーが非常に高い。今のところ、ネットでは完売で、蒸溜所でしか買えないということだったが(どちらもスモールバッチ)実に勿体ない気がする。思わず1本ずつ買ってしまった。

 結局、取材は予定通り2時に終了し、再び車で都心へ。途中サービスエリアで遅い昼食をとり、4時半頃にスコ文研オフィスに帰着。1時間ほど事務仕事をして、6時に渋谷で飲み会。クリスマス前の金曜日ということもあって、どこも人だらけだ…。

151217_1.jpg


151217_2.jpg


151217_3.jpg


151217_4.jpg


151217_5.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter