1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「恒例の通信テイスティング座談会」
 
 東京フェスが終わって、すでに年末のスペシャルテイスティング、来年の前橋「バーンズナイト」、京都ウイスキーパーティー、秩父ウイスキー祭り、ボトラーズ&クラフトウイスキーフェスティバルなどに動き出しているが、その前に通信も作ってしまわないといけないので、巻頭の「ウイスキー日和」の原稿を5枚。

 昼にスコ文研へ行き、1時からその『ウイスキー通信』のテイスティング座談会。今回は①グレンロセス・ヴィンテージリザーブ、②キニンヴィ17年、③カバラン蒸留所限定ピーテッドカスク、④ポートシャーロット・ヴァリンチ、⑤アードベッグ蒸留所限定パーペチューム、⑥ラフロイグ・ブロディアの6本。

 スコッチ5本の中に、この前蒸留所で買ってきたカバラン・ピーテッドカスクを入れたが、やはり評価はかなり高い。これは珍しくウッドフィニッシュにアイラモルトのカスクを使ったもので(アードベッグ?)、かすかにスモーキー、ピーティ。カバランはほとんどウッドフィニッシュをやらないが、これは蒸留所限定で、しかも土産用に300mlのボトルに詰められている。以前も一度やったことがあるが、それとはバッチ違いだ。

 テイスティング座談会は4時すぎに終了し、その後、久しぶりとなるスコ文研テイスティングのボトル選びと、その撮影。これは以前月イチくらいでやっていた夜のテイスティングで、旧事務所ではやっていたが、新しい事務所に移ってからは一度もやっていなかった。それを今月、ほぼ一年半ぶりくらいに開くことにした。

 日時は12月25日(金)19時からで、クリスマスの日になったのは、この日以外に私の空いている日がなかったからだ…。そのかわりラインナップは思いっきり豪華(?)に、①モートラック25年、②ハイランドパーク40年、③グレングラント1954、56年熟成、④タリスカー30年、⑤カバラン・ソリスト・フィノカスクの5本でやろうと思っている。それ以外にも、サプライズも用意している。

 ①はオフィシャルのモートラックの最高峰となる25年。②は私の還暦祝いに1本だけ作られた(ラベルが)ハイランドパークの40年。③は私の誕生年である1954年蒸留のGMのグレングラントで、去年の京都フェスの際に1本開けている。④はオフィシャルのタリスカー30年、そして最後はイチオシのカバラン・フィノカスクだ。どれもボトルが希少なので、20名限定でやりたいと思っている。

 ということで、それらを撮影したところで、7時前に恵比寿の仕事場にもどる…。

151202_1.jpg



151202_2.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter