1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「フェスでの検定合格者特典が決まる」

 29日の日曜日に行われる東京フェスのエコバッグも届き、パンフレットも届きで、あとはカレンダーと『Whisky World』の到着を待つばかり。すでに次号の『ウイスキー通信』『コニサー倶楽部』『Whisky Life』の編集作業も進行している。暮れから年初にかけて、相次いで3つの冊子を出す予定だ。

 フェスでは急遽、ウイスキー検定の申込みの受付もすることになった。せっかく第3回ウイスキー検定が来年2月7日に行われるのだから、東京フェス会場で現金で申し込めるようにしたのだ。当日はスコ文研ブースでその対応をしようと思っている。

 さらに、これも急遽決まったことだが、ウイスキー検定合格者特典として、協賛ブース(検定実行委員会)で合格者の証である認定カードや名刺、ピンバッジなどを示せば、スペシャルボトルが一杯飲めるようにもした。(1杯10ml、無料)。

 たとえばディアジオのブースではタリスカー30年(!)、アサヒのブースで今年9月に販売され、即完売となった限定の余市ヘビリーピーテッドと宮城峡シェリーカスク、そしてサントリーではマッカランのレアカスクなどだ。どれもこれも、とんでもないボトルばかり。他にもバカルディや明治屋、スコッチモルト販売、大和貿易、ウイスキートーク福岡などでも、この合格者特典がある。もちろん、スコ文研ブースでもだ。ぜひ、期待していただきたいと思っている。

 合格者ばかりではなく、来年2月の検定をこれから受けようとする人も、今回は特別にオッケーだ。申し込みを証明できるもの、あるいはフェス会場で当日申込んでも、この特典を受けることができるという、破格の企画である。なんだったら、私も受けたいくらいだ。

 そのフェスの荷造りがほぼ完了し、夕方には発送。準備が一段落したところで、再び全体ミーティング。最後のスタッフ表、当日の進行の流れなどを確認して、その後6時からスタッフ募集の面接。このところ面接も相次いでいる。今年も残すところ、あと1ヶ月余りだ。


151126_1.jpg


151126_2.jpg


151126_3.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter