1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『ウイスキー完全バイブル』が手元に届く・・・」

 台湾から帰って、もう2~3日経っていると思っていたら、まだ2日目だった。どおりで、昨日何をしていたか思い出そうとして、何も思いだせなかった訳だ。一瞬、何も思いだせず焦ってしまった。

 ということで、一日分の日記を得した(?)ことになり、午前中は東京フェスの招待券送りの準備。『ワイン王国』の原稿の校正。昼すぎにスコ文研に行き、次号通信のテイスティングボトル6種の撮影。ついでに12月5日にスクールでやる特別セミナーのボトル7種も選んで、その写真も撮ってしまう。

 そうこうしていたら、ナツメ社の『ウイスキー完全バイブル』が刷り上り、編集のアーク社の2人が、10冊を持ってきてくれた。メジャーな本としては、『101レジェンダリー』につぐ、今年2冊目の本である。

 240ページ、オールカラー。今まで撮りためた写真も多く使われ、さらに私の思い出に残る10本も掲載され、いわば集大成の1つとも言える一冊だろう。テイスティングコメントのイラストにはタケイさんのイラストを使わせてもらった。

 私の手を離れて1ヶ月ほどになるが、こうして完成された本を見ると、いつものことながら、嬉しさがこみ上げてくる。これがあるから本の執筆、本作りはやめられないのだろう。

 初めて自分の本(『イリギスカントリー四季物語』1994東京書籍)を出して今年で21年。これまでに30~40冊書いてきたが、いまだに完成した本を手に取る瞬間がたまらない・・・。

 じっくり見ていたいところだったが、そうもいかず、4時すぎから東京フェス、ボトラーズフェス、京都フェス、ウイスキー検定のことで全体ミーティング。こんどはミーティングの途中で、東京フェス・オリジナルのシングルアイリッシュ1988 27年のボトルがスリーリバーズから届いた。

 ついでに持ってきてくれたトーマス・グラバーのトリビュートボトル、22年と14年のサンプルのテイスティングも含め、来週にかけてテイスティングが楽しみだ。

151106_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter