1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『世界の名酒事典』の最終校正」

 今回は時差ボケはあまりないが、短時間で移動を繰り返したせいか、疲れが相当にたまっている・・・。本当なら一度リセットしたかったが、そういう訳にもいかず、昨日も朝から『世界の名酒事典』の最終校正。昼前にスコ文研に行き、たまっていた仕事を片付ける。

 私の不在の間にウイスキーエキスパートの試験も終わり、新しい『ウイスキー通信』の発送も終わっている。今は試験の採点中だが、なんとか来週中にも目途がつきそうだ。『ウイスキー通信』が終わったら次は『Whisky World』だが、その台割、取材スケジュールもだいぶ固まってきたので、それにそって取材をし、あとはひたすら原稿を書くだけだ。

 ということで、昨日は夕方から東京フェス、ウイスキー検定のミーティング。東京フェスはいろんなことがすでに進行しているが、検定はこれからのことも多く、その対策に多くの時間が割かれそうだ。来月からは、その集中対策講座も始まる。

 今日は午前中、『世界の名酒事典』の再校と『Whisky World』の校正をして、昼すぎにスコ文研。本日から週イチで元キリンのチーフブレンダーHさんが来てくれることになり、さっそくウイスキースクールのセミナーについて打ち合わせ。

 プロ向けの製造の講義はすでに決定していたが、さらにユニークなブレンド体験セミナーも開講することにした。とにかくウイスキースクールのセミナーのラインナップを充実させるつもりだ。

 さらにウイスキー検定も、2016年2月7日の第3回に向けて、過去問題集を出すことを決定し、その見積もりを取ることに。それらの作業が一段落したところで、11月21日に大阪ツタヤでやるセミナーや、12月にスクールでやるセミナーのためのボトル選び。ついでに次号『ウイスキー通信』のテイスティングアイテムについても、決めてしまう。これから東京フェスに向け、オリジナルボトルの製作作業が待っているからだ。



151029_1.jpg


151029_2.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter