2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「グレンロセスに「ワイン王国」に・・・」

 朝イチで原稿を一本書き、9時20分に神宮前の紳士服店へ。その2階の店舗内でBBRのグレンロセス・グローバルアンバサダーのロニー・コックスさんにインタビュー。次号の『Whisky World』の編集長インタビューで、日本で新発売となったヴィンテージリザーブ、シェリーカスクリザーブについて、主に話を伺う。

 ロニーさんに会うのは、ほぼ1年ぶり。前回はたしかバカルディ主催のセミナー、インタビューだったが、今回はレミーコアントロージャパンからの依頼。本当にこのところの業界の動きはめまぐるしい。ここ1~2年でオーナー企業も変わっているが、インポーターも変わってしまったというところが、相次いでいるのだ。

 そんなことを話しながら、相変わらずの赤いソックス、上着の赤い裏地は健在で、1時間ほどグレンロセスとヴィンテージのコンセプトについて伺う。インタビューは11時前に終了し、そのままタクシーでスコ文研にもどり、『ウイスキー通信』の最後の校正作業。特に遅れていた私の「大全刊行20周年記念インタビュー」のところを、重点的にチェック。

 その後、再びタクシーで、こんどは南青山のリーデル本店へ。1時から『ワイン王国』のグラス対談。これは『ワイン王国』の連載企画で、ワイングラス等についてこれまでやってきたが、今回はウイスキーグラス、特にシングルモルトに合うグラスというテーマで、リーデルのSさんと私の対談ということになった。

 これも1時間半ほどで終了し、再びタクシーでスコ文研にもどり、『ウイスキー通信』の校正・入稿作業。来週月曜が入稿のため、待ったなしの状態だ。東京フェス、来週からのスコットランド、台湾のことも気になるが、その前に『ウイスキー通信』、そして週末の宮古行きである。

 そういえばナツメ社の『ウイスキー完全バイブル』のカバー・装丁案が届き、予定通り11月中旬に発行の運びとなった。オールカラー、300ページ近い本だが、定価1500円と驚きの安さだ。今年、私が手がけた本はこれで5冊目となるが、やはり形になるのは嬉しいこと。印刷所から届くのが楽しみだ。


151015_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter