1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「埼玉ブリティッシュフェアーの3日間・・・」

 土・日・月と体育の日の3連休は3日間とも埼玉の大宮で開かれた、ブリティッシュフェアーに通うことに。ただし、ウイスキーエキスパートの問題を作らないといけないため、3日間とも朝イチから11時頃まで問題を作成し、それからスコ文研に寄って大宮に行くという日々が続く。恵比寿から大宮まで小1時間程度の電車旅だが、3日連続はやはり体にこたえる・・・。

 天候も初日は曇りで、2日目は昼ごろまで雨。3日目も天気予報では快晴と言っていたが、そこまで良くはない。幸い寒さがそれほどでもなかったので、防寒はそれほど大変ではなかったが、公園のコンクリートの上に7~8時間立ちっぱなしは、この歳になるとキツイ。釣りの時は寒風の吹きさらしに7~8時間立っていても、なんら苦にならないのにどうしてだろう・・・。不思議で仕方ない。

 3日間、ひたすら有料試飲を売りまくったが、通常のウイスキーフェスと違って、まったくウイスキーのことを知らない人も多く(たんに公園の通行人も多数いた)、それはそれで勉強になった。とにかくバウチャーチケット4枚で、違うウイスキーを4種飲ませてくれという客もいて、それに応えるのはある意味の醍醐味でもある。「こんなにウイスキーって違うんですね」と、言ってもらえた時は、こちらも嬉しくなる。

 とにかくウイスキーの面白さ、美味しさを知ってもらうには、こうした対面の地道な努力を続けるしかないのだと、改めてこの3日間で思いを新たにした。そのため老体にムチ打って100種類にもおよぶボトルの前に立ち続けたのだが、こんな面白いことは、他にないのだ。

 最終日の12日は、5時から私のトークショー。MCの女性とステージ上でウイスキーについてトークを行ったが、話をするだけではライブ感が伝わらないので、2本のボトルと4つのテイスティンググラスを用意し、飲みながらということになった。しかし、いつものように喋りすぎてしまい、結局飲んだのはアードベッグのパーペチューム1種類だけ。それでもウイスキーの面白さ、奥の深さが少しでも分かってもらえたものと思っている。

 ということで、最終日の夜8時にブースの撤収を行い、ボランティアスタッフ(この日は3人)と一緒に近くの居酒屋で打ち上げ。時間も10時近くになったので、お開きとし、車にすべてのボトルを積んでスコ文研にもどり、そのボトルをおろして、ようやく仕事場にもどったのが11時すぎ・・・。とにかく、無事に埼玉ブリティッシュフェアーも終了である。

 明日からは再びエキスパート試験、通信、そしてワールド、名酒事典である。


151012_1.jpg


151012_2.jpg


151012_3.jpg


151012_4.jpg


151012_5.jpg


151012_6.jpg


151012_7.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter