1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「埼玉フェアー有料試飲ボトルを決定!!」

 続々とウイスキー関連のニュースが飛び込んでくるが、それをフォローしている時間がない。ジャパニーズ関係のニュースについてはスタッフのSさんに、このところ書いてもらっている。

 午前中『ウイスキー通信』の校正をして、午後スコ文研。埼玉フェアーの当日配る4ページのパンフレット原稿の校正をして、同フェアー用のボトルの写真撮影を行う。

 とりあえず500円のものをスコッチ、アイリッシュ、バーボン、ジャパニーズとカテゴリー別に集合写真。カナディアンは1本しかないのでアイリッシュに加えて撮ったが、並べてみるとジャパニーズが多いのに気が付いた。

 やはり昨今のジャパニーズ人気を反映してというか(他のものの在庫がない?)、こういうラインナップになってしまった。白州の蒸溜所限定や御殿場のモルトとグレーンは珍しいかもしれない。

 アイリッシュはティーリングとグリーンスポットだろう。スコッチはクドゥーとカティサークのプロヒビション・・・。バーボンはイーグルレアとヘンリーマッケンナ、そしてエヴァンウィリアムのシングルバレルか。

 1000円のボトルは圧倒的にスコッチが充実している。どれもこれも、なかなかお目にかかれないボトルばかりだが、なかでもモートラック、グレングラント、そしてスコ文研がかつて詰めたブラックアダーのトバモリーか。

 ジャパニーズは、どれも超レア物ばかり。イチローズの秩父が3種で、山崎のオーナーズカスクが2本、そして1991~92年頃に販売されたサントリーのスーパースモーキーなボトル。今見てもラベルデザイン、コンセプトとともにファンキーだ。さらにカナディアン、バーボン、そしてカバランのソリスト3本とポーディアムが続く。

 最後は1500円のボトルの集合写真だが、ジャパニーズ、アメリカン、アイリッシュ、スコッチのレア物のオンパレードだ。この他にも写真撮影は間に合っていないが、さらに美味しく、レアなものを当日は持って行こうと思っている。乞うご期待だ。さらにラグビーのワールドカップボトルは、デザイナーのOさんに作ってもらったフラッグをネックに飾って再度写真撮影。実に可愛らしい。どれも500円の特価だ。

 埼玉フェアーのボトルの選別、撮影がひと段落したところで、10月17日に岩手県の宮古で行われる“シングルモルトの集い”のためのボトルを選んで、それも梱包して送ってしまう・・・。

 ということで、それらの作業を終えたところで、7時からスクールで11回目となる「究極のブレンデッドマラソン」。今回の参加者は16名で、①リズモア、②ロングジョン、③マッキンレー、④モンキーショルダー、⑤オールドパー、⑥オールドセントアンドリュースの6本を解説しながら、順番にテイスティング。

 やはり④のモンキーショルダーと、⑤のオールドパーが断トツか。もちろんモンキーショルダーはグレーンが入らないブレンデッドモルトだが、この中では別格である。ブレンデッド5種の中では、オールドパーが抜きんでている。さすがに往年の銘酒である。

 スクールは9時に無事終了し、そのまま9時半に恵比寿の仕事場にもどり、遅い夕食。テレビでは連日ノーベル賞の受賞で盛り上がっていたが、今日はないようだ。


151007_1_201510081520531e8.jpg


151007_2_201510081520550a8.jpg


151007_3_2015100815204928f.jpg


151007_4_20151008152050707.jpg


151007_5_20151008152052857.jpg


151007_6_20151008152036fe9.jpg


151007_7_20151008152038a7e.jpg


151007_8_20151008152039b1c.jpg


151007_9_20151008152041ad1.jpg


151007_10_20151008152035877.jpg








スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter