1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキー千夜一夜とラグビー国別ウイスキー・・・」

 清里フェス、埼玉ブリティッシュフェア、ウイスキーエキスパート試験、『ウイスキー通信』、『コニサー倶楽部』などで、このところスコ文研オフィスはゴッタがえしている。今日は荷造りが行われていて、スクールの机の上はそれらの荷物、ダンボールであふれかえっていた。

 ようやく午後にはパッキングが終わり、その荷物のすき間でWAVE出版のSさんと、次の単行本のミーティング。以前オファーを受けていたもので、ウイスキーにまつわるあらゆる事柄、ストーリー、うんちくを1冊にまとめた、その名も“ウイスキー千夜一夜物語”だ。
 
 もちろんタイトルは仮だが、実際に1001の話を紡ぎだそうと思っている。1日に3話書いたとしても、1年かかるという壮大な計画で原稿用紙にして2000枚近いという、大変なシロモノだ。いわば、これが私の集大成になるのかもしれない・・・。

 ついでに、それと同時進行する翻訳・監修本の件についても話をする。これはSさんが見つけてきた本だが、なかなか面白い。実現するなら、これもぜひやってみたいと思っている。

 ということで、3時すぎにミーティングを切り上げ、埼玉フェアのスタッフミーティング。実行委員会側で用意しているチラシはあるが、それではなんら訴求効果が得られないので、急遽スコ文研独自のチラシを作り、それを関東近辺の会員にDMを打つことにした。

 スコ文研の出展位置、当日(3日間)どんなウイスキーを出すのか、オリジナルボトル、グッズ等の販売について、お報せすることにしたのだ。今回は入場無料で誰でも入れるので、その分無料試飲はナシということで(実行委員会側の意向)、すべてのウイスキーを500円単位の有料とした。

 スコッチのシングルモルトを中心に、アイリッシュ、アメリカン、ジャパニーズ、カナディアン、ウェールズ、その他の国々のウイスキー100種類近くを出すことにしたが、ラグビーワールドカップを記念して出場国20カ国のうちウイスキーを造っている11の国のウイスキーと、イタリアだけ国内で圧倒的なシェアを誇るグレングラントの、12の国のウイスキーを用意した。題して“ワールドウイスキー対決”だ。

 その他、いつものフェス同様、スコ文研オリジナルボトルの販売も行う。フルボトルはもちろんだが、恒例のここでしか買えない100mlのスペシャルボトルも用意する。そのうちの目玉の1つが、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド(北と南両方)のウイスキーを合体した、UKボトル、ユナイテッドキングダムウイスキーである。

 ぜひ埼玉・大宮の会場に足を運んでもらいたいと思っている。ちなみに写真は左からフランス、イングランド、オーストラリア、ウェールズ、ニュージーランド、南アフリカ、アイルランド、アメリカ、日本、カナダ、そしてイタリアを代表するグレングラントの12本だ。こうやって並べてみると、けっこうスゴイことに自己満足・・・。


150929_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter