2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「通信テイスティングと清里フェスボトル3種」

 結局、連休最後の2日間も恵比寿で仕事。清里フェス、東京フェス、『ウイスキー通信』の台割等で決めなければならないことが山積していたからだ。水曜の夕方は一度スコ文研に行き、ウイスキーエキスパートの受験申込み書をチェック。連休中に多くの申し込み書類が届いている。

 夜は10時半からラグビーワールドカップの日本対スコットランド戦をテレビ観戦。グロスターのスタジアムは行ったことがないが、トゥイッケナムやウェールズのカーディフのスタジアムは行ったことがある。スタジアムの名前は忘れたがウェールズ取材で観光局の人に案内されたもので、確かウェールズラグビーの英雄、ガレス・エドワーズさんからサイン入りのTシャツをもらった記憶がある。

 「これを着ていたら、ウェールズのどのパブに行ってもビール一杯は無料になる」と言われたが、エドワーズの熱狂的ファンだったロンドンオフィスの私の同僚にとられてしまった。したがって、その効果は一度も試さず終わってしまったが、今となっては懐かしい。

 今日は朝イチで通信やウイスキーニュースの原稿を書き(実に久しぶり)、昼前にスコ文研。連休前に入稿した東京フェスの新しいチラシや入場チケットも届き、その発送作業に追われる。とりあえずウイスキー検定協賛店約700に、検定のポップ、チラシ、ポスター等を発送するので、それに東京フェスのチラシも間に合わせた形だ。

 それが終わったところで、検定対策講座の打ち合わせをし、1時から恒例『ウイスキー通信』のテイスティング座談会。今回の出席者は私を含めて6人で、①マッカラン・レアカスク、②グレンファークラス511.19、③ベンネヴィス12年ホワイトポートカスク、④ラフロイグ・カーディス、⑤清里フィールドバレエ イチローズブレンド、⑥フォーティクリーフ コンフェデレーション・オークリザーブの6種類をテイスティング。

 詳細は後日にまとめたいと思うが、終了後、再び事務仕事にもどり、次号(10月25日発行)『ウイスキー通信』のミーティング。台割を見ながら進行と分担、取材スケジュールを確認。清里フェスと、その翌週に行われる埼玉ブリティッシュフェア2015をやりながら、一方で編集作業が待ったなしの状態だ。埼玉ブリティシュフェアは日本ラグビー協会が中心なので、10・11・12の連休3日間は大いに盛り上がるだろう。

 さらに清里フェス・オリジナルの100mlボトル3種のラベルができたのでその作業と、ボトル撮影。そしてフェス当日に配るプログラム、長和スタイルのタブロイド新聞の校正作業。これではスタッフがいくらいても足りない・・・。


150924_1.jpg


150924_2.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter