1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「清里のオリジナルボトルと東京フェスセミナー」

 午前中『Whisky World』の原稿を書いて、午後スコ文研。今週一杯、同じようなパターンの日が続く。大阪から届いたレイアウト案や、ライターからの原稿をチェックし、編集・入稿作業。

 それが一段落したところで、清里フェスのセミナースケジュール、セミナーチケットの販売状況をチェック。清里フェスでは土・日の2日間で合計6つのセミナーをやるが、まだ売れ残っているセミナーが2つ、3つあるので、もう一度アピールの方法などを考えることに。せっかくの機会なので、多くの人に聞いて、そしてここでしか飲めないレアなウイスキーを飲んでもらいたいと思っているのだ。

 特に初日の最初のセミナーである私の「5大ウイスキー+ONE」は、まだ半分にも達していないので、当日はサプライズテイスティングも、追加で用意することにした。

 さらにフェス恒例のオリジナル100mlお土産ボトルについても、ブレンドを開始。今回は清里ということで、八ヶ岳をテーマに主峰の赤岳から、横岳、硫黄岳の3つをブランド名とした。赤岳は、まあ読んで字の如く、レッドウイスキーとかつていわれていたバーボンウイスキー。それに2割程度のライウイスキーを加えて、少しスパイシーに仕上げている。

 硫黄岳はこれも想像どおり(?)、サルファリーなフレーバーを持つ、シェリー樽原種をきかせたスコッチのブレンデッドモルトだ。ということで、横岳はジャパニーズのブレンデッドウイスキーに。横岳とジャパニーズには、これといった関係はないが、横という字は、木ヘンに黄色と書くし・・・。

 清里のオリジナルボトルのレシピが決まったところで、11月29日(日)の東京フェスのセミナー、全7つについても決定してしまう。私は「モルトウイスキー大全刊行20周年記念、特別トークショー」と、「シェリー樽を究める」の2つのセミナーをやることに。シェリー酒研究家の明比さんに、シェリーについてセミナーをやってもらうので、私はそのシェリー樽で熟成された5種のウイスキーについてのテイスティングセミナーだ。

 5本のボトルを決め、撮影をしてしまう。その5本とは、①マッカラン・レアカスク、②グレンファークラス511.19、③ハイランドパーク25年、④宮城峡12年・蒸留所限定シェリー&スイート、⑤山﨑ピュアモルト・シェリーカスク1982だ。

 ①②は先日新発売になったばかりのアイテムで、どちらも多種多様なシェリー樽を駆使している。③はファーストフィルのシェリー樽が60%近くを占めるハイランドパーク、④は終売となった蒸留所限定のヴィンテージ入りシェリーカスク。⑤はまだサントリーがシングルモルトではなく、ピュアモルトと表記していた90年代の山﨑シェリーカスク。もはや幻のオールドボトルだ。

 ということで、清里フェスの準備も大詰めになってきているが、一方で東京フェスも着々とその準備に入っている。特に今年の東京フェスは史上最大規模になりそうだ。


150914_1.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter