2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「清里フェスのミーティングと集中対策・・・」

 『Whisky World』と清里フェス、東京フェス等で相変わらず追いまくられている。11日の金曜日は3時からスコ文研で、萌木の村のスタッフ4人を交えて全体ミーティング。セミナーの進行や、3日・4日両日のフェス会場の中央ステージのプログラム、進行について細部をつめてゆく。

 世界最大のオルゴールの演奏や、バグパイプ、ロックやフォークといったバンドのライブ音楽も目白押しだ。以前バーボンフェスで好評だったブルーグラスのボーダーカウボーイにも出てもらうし、けっこうなビッグネームが並んでいる。長和以上に、中央ステージも盛り沢山だ。

 地元の食関係でも、清里名物のソフトクリームや、ショコラのパレオドールさんも、ウイスキー入りの特別ショコラで出展してくれる。もちろんビール党なら誰もが知っている萌木の村の美味しいタッチダウンビールも飲めるし、ウイスキーはスコ文研ブースで珍しいものから、とっておきのものまで、70~80種類が並ぶはずだ。その中には、今はなきオーシャンのオールドボトルなどもある。

 ということで、6時近くまでミーティングは続き、恵比寿にもどったのは8時すぎ。昨日は一日中『Whisky World』の原稿執筆と校正、そして午後はスコ文研に行き、ワールドのテイスティングコーナー用に、7種のテイスティング。以前、シングルモルトの余市と宮城峡はやっていたので、限定の余市ヘビリーピーテッド、宮城峡シェリーカスク、知多グレーン、イチローズモルトの清里フィールドバレエ、そして博多のウイスキートークの秩父、さらに“オーファンバレル”のバーボン2種の計7本をやってしまう。

 そのテイスティングノートを書いたところで、久しぶりに駅の本屋に行き、本や雑誌を物色。手帳コーナーには、もう来年のものが出ていて驚いた。もうそんな季節なのだ。

 今日は再び6時起きで、8時半に飯田橋のセミナールームへ。第3回となるウイスキーエキスパートの集中対策講座で、予定通りアメリカン、カナディアン、スコッチについて講義をし、昼すぎにYさんとバトンタッチ。

 終了を待たずに4時すぎに恵比寿の仕事場にもどり、再びワールドの原稿・校正作業。『スコッチ最前線』の原稿、グレンキースとトーモアなどを書いてしまう。その後テイスティングのリード原稿・・・。

 清里フェスや東京フェスで決めなければならないことが一杯あるが、まずはワールドの入稿・下版が待ったなしだ。それが終われば、こんどは『ウイスキー通信』が待っている。来週からは新しいスタッフがもう1名加わり、スコ文研は過去最多の9名態勢となる。



150913_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter