1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「柏でニッカのブレンダーにインタビュー」

 このところ朝早くから移動することが多いが、今日も5時半に起き、8時すぎの電車で千葉県の柏市へ。そこでライターのN君、スコ文研スタッフのSさん、カメラマンのIさんと合流し、ニッカの柏工場へ。10時から『Whisky World』の編集長インタビューで、「シングルモルト余市」「シングルモルト宮城峡」をつくったブレンダーの森さん、綿貫さん、そしてチーフブレンダーの佐久間さんにインタビュー。

 シングルモルト余市、宮城峡は、10年、12年、15年、20年などのすべてのヴィンテージ物を終売とし、その代わりに満を持して発売された、待望の新商品。同席したマーケティングのYさんの話だと、発売(9月1日)直後から好調な伸びが続いていて、すでに1万ケース以上を出荷したという。わずか2日間での話だ。それだけ、市場に余市、宮城峡の待望感があったのだろう。

 インタビューでは、あえてノンエイジで行くことの意味、そのアドバンテージと、ブレンドに当たって苦労した点など、1時間半ほど3人から話を伺った。非常に興味深い話を聞くことができたが、詳しくは次号のワールドを見てのお楽しみだ。ということでワールド用に、その後ブレンダー室での撮影。3人のほかに二瓶さんにも加わっていただき、ニッカウイスキーの4人のブレンダーさん達全員の写真を撮ることができた。ついでに私も加えてもらったが、冗談ではなく、本当にブレンダーに加わりたいくらいだ・・・。

 正味2時間弱の取材を終え、そのまま柏駅に出て常磐線と地下鉄日比谷線を乗り継ぎ、1時半すぎに広尾のスコ文研にもどる。すぐに事務仕事を片付け、2時からこんどは講談社の『世界の名酒辞典』の巻頭インタビュー。私がインタビューするのではなく、される立場で、聞き手はライターのN君。昨年に引き続いて、今スコットランドやイングランドで、何が起きているのか。特に凄い勢いで出来つつあるクラフトディスティラリーについて、1時間半ほど話をする。

 終了したのが4時近くで、その後、長和フェスの最終カクニンをして、5時すぎに恵比寿の仕事場にもどり、長和フェスの準備。例年のごとく長和のペンションで2泊するため、その旅の仕度も大変だ。東京の天候も不順なのに、標高1400メートルの山の上ではいったいどんな服装をしてよいのやら・・・。そうしたことにも悩んでしまう。まして天気予報では日曜日は激しい雨になるという。

 期待と不安の入りまじった状態で、しかし朝5時前にはおきないといけないので、11時すぎに就寝・・・。はたして、どうなるのやら。

150908_1.jpg






スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter