1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「久しぶりのモルトマラソン!!」

昨日は『ウイスキー完全バイブル』の初稿を昼すぎまでやって、その後スコ文研。3時から『ダイヤモンドQ』という雑誌の取材を受ける。投資対象としてウイスキーを見た場合、どんなことが言えるのか。昨今のウイスキーの値段の高騰ぶりと、過熱するオークションの現状ということで1時間ほど話をする。中国にはウイスキー専門の投資ファンドができたというが・・・。

再び事務仕事、『ウイスキーライフ』の入稿・校正作業をやって6時半にいつもの焼肉屋で、ウェーブ出版のSさんとスコ文研のスタッフ総勢9名で、『101・・・』の打上げ。本当は本が出版された7月下旬にやりたかったが、スコットランド取材で8月上旬までいなかったため、1ヶ月延びてしまったのだ。久しぶりに角のハイボールと焼肉を満喫する。

今日は午前中、『アナログ』の原稿4枚。ファイフに新しくできたキングスバーンズ蒸留所について書く。その後、昼すぎにスコ文研に行き、『ウイスキー通信』の発送作業。今回も予定通り25日に通信が届き、その日のうちに会員に発送することができた。今回の表紙はバリンダルロッホ蒸留所を創業した、バリンダルロッホ城の勇姿である。マクファーソン・グランド家が代々住み続ける城で、同家はかつてクラガンモア蒸留所の共同オーナーでもあった。

その発送作業を見守りながら、久しぶりとなる「モルトマラソン」のセミナー準備。実は昨年の11月以来で、新しい事務所に移ってから、どうやら初めてのモルトマラソンらしい。このところ「究極のブレンデッドマラソン」はコンスタントに開けているのだが、モルトのほうはすでにスコッチ、ジャパニーズと終了し、今回はイングリッシュ、ウェリッシュ、そしてアイリッシュだ。

アイテムは①セント・ジョージ、②ペンデーリン・ピーテッド、③ティーリング・ブッシュミルズ1991、④ブッシュミルズ16年、⑤グリーンスポット、⑥グリーノアの6種類。

①はノーフォークにあるイングリッシュウイスキーの蒸留所で、テイスティングしたのは2003年にエリザベス女王戴冠60周年を記念してボトリングされた限定品。②はウェールズ唯一のウイスキーで、特殊なスチルで知られる。そのピーテッドバージョンだ。③は日本限定、信濃屋オリジナルのブッシュミルズ21年物で、カスクストレングス。非常にフルーティーで、とんでもなく美味!

④は同じブッシュミルズだが、こちらはオフィシャルで、バーボン、シェリー、ポート樽を使った16年物。度数は40%と低いため、ボディは弱いが、やはりトロピカルフルーツ香があり、これも秀逸。⑤は新ミドルトンが造るシングルポットスチル・ウイスキー。やや若さが気になるか。⑥はクーリー産のシングル・アイリッシュ・グレーンウイスキーで、スコッチともジャパニーズとも違う、独特の風味があり、好印象。グレーンとしては、かなり旨いウイスキーかもしれない。

ということで9時半近くに終了し、事務所を後にする。このところ涼しくてよく眠れるが、油断すると風邪を引きそうなほど、明け方は寒い。台風も気になることろだが・・・。


150825_1.jpg


150825_2.jpg


150825_3.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter