1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『ウイスキー完全バイブル』とエキスパート集中対策講座」

 21日の金曜日は『中央公論』の原稿16枚を書き上げ、昼すぎにスコ文研。3時から清里フェスのことで萌木の村のスタッフ4人を交えてミーティング。

 ようやく全体の出展企業、セミナーの進行、当日の設営等については見えてきたが、正面ステージ上でのトークショー、ライブ演奏、その他のスケジュールなどが決まっていない。私自身のセミナーの時間以外は、ステージ上でMCもやることにしたが、それにしても決めなければならないことが多すぎて少々焦りを感じる。

 一方で『ウイスキー完全バイブル』、『ウイスキー通信』、『Whisky World』、『Whisky Life』の原稿執筆、校正・編集作業に忙殺されて、その合間に長和フェス、清里フェスのプロデュース、進行のチェックをやらねばならず、日々格闘が続いている。東京フェスまで入れると、3つのフェスを同時進行で回していることになる。

 結局、6時近くまでミーティングが続き、その後、長和フェス用のオリジナルボトル作り。スコッチのブレンデッドモルトはすでに作っていたので、残りのジャパニーズブレンデッド、バーボンユナイテッドを作る。

 昨日の土曜は一日中恵比寿の仕事場で、『ウイスキー完全バイブル』の校正作業。300ページにも及ぶ本を丸ごと一冊、すべてに赤入れするのは大変な作業だ。しかも最近の本は文字が小さすぎてルーペを使わないと、私には見えない。もちろんこれは初稿で、これから再稿、下版とつづく。

 今日は朝6時におき、8時半に飯田橋のレインボービルに。ウイスキーエキスパートの第1回目集中対策講座で、例年だと7月下旬に東京でやっているのだが、今年は教本の改訂があったため、1ヶ月ほど遅れてしまったのだ。予定通り9時半から講義がスタート。

 1限目と2限目が私の担当で、1限目はアメリカンとカナディアン、2限目はスコッチウイスキーの文化や歴史。その分類などについて、試験に出そうな箇所を中心に講義。ただし、それだけではつまらないので、7月に行ったスコットランドの最新情報についても触れることにした。特にバリンダルロッホやアードナマッハン、キングスバーンズなどのマイクロ、クラフトディスティラリーについて少し語る。

 その後『ウイスキー完全バイブル』の校正作業が残っていたため、1時半頃に私だけ会場をあとにし、再び恵比寿の仕事場にもどって、夜まで校正。いったい、いつになったら終わるのやら・・・。


150823_1.jpg


150823_2.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter