1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「クリス・モリス氏にインタビュー」

 昨日は盆休み明けの月曜ということで、2時前にスコ文研に行き、たまった事務仕事を片付ける。さらに『ウイスキー通信』『Whisky Life』の入稿作業。日曜の夕方に一度事務所に行っていたので、仕事の段取りについては指示を出していたが、やるべきことが山積みだ。それも、エベレストほどに高く積み上がっている・・・。

 東京フェスのオリジナルボトル(アイリッシュのシングルモルト!)のラベル・イラストが上がってきたので、しばしそのイラストを手がけてくれたイラストレーターのTさんと談笑。スコ文研オリジナルのカリラ、マッカラン、私の“ツッチーズチョイス・アラン”のイラストもTさんだ。久しぶりの登場である。

 その後5時すぎにスコ文研を出て、タクシーで虎ノ門ヒルズ52階のアンダーズトウキョウへ。6時からそこで開かれたウッドフォードリザーブのカクテルイベントに出席。ブラウンフォーマン社のマスターディスティラー、クリス・モリス氏のプレゼンテーションで、クリスさんに会うのは2006年以来久しぶり。8時の終了まで、そのイベントを取材し、そのまま恵比寿の仕事場にもどる。

 今日は10時50分に芝公園のブラウンフォーマン・ジャパンに行き、そのクリス・モリス氏のインタビュー。次号の『Whisky World』用のインタビューで、主にウッドフォードリザーブ誕生の経緯、その独特のつくりのこだわりなどについて1時間半ほど話を伺う。なぜ通常のビアスチルとダブラーの組み合わせではなく、ポットスチルの3回蒸留にこだわったのか。なぜバックセットが6%と、他に比べて極端に少ないかなど、非常に興味深い話を聞くことができた。

 その後、スコ文研にもどり、2時から長和フェスのミーティング。長和のT君、ビール評論家の藤原ヒロユキさんが来社し、当日のスケジュール等について最終の確認作業。それが終わったところで、再び入稿作業にもどり、6時半に歩いて南青山のヘルムズデールへ。NHKラジオのスタッフの人たちとの飲み会で、久しぶりに店長のMさんも居て、話に花が咲く。

 「2軒目・・・」ということになり、そのまま4人で六本木のカスクストレングスへ。なんとそこで店主のSさんから、ボウモア40年をごちそうになる。20年近く前に蒸留所で飲んで以来だが、私が今まで飲んできた何千というウイスキーのトップ3の1つと、いつも言っているやつだ。瑞々しい白桃のアロマ、フレーバーは健在で、驚異のボウモアである。ブラックボウモアよりも、こちらの方が好みで、これに匹敵するのは、ボウモアの1964のフィノカスクしかないと思っている。

 それにしても、またこういう形でボウモア40年と会えるとは・・・。久しぶりに南青山、六本木の夜を堪能した。


150818_1.jpg


150818_2.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter