1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「長和フェス、私的報告、その2」
 ブラインドコンテストの興奮も覚めぬまま、雨に追われるように、次はトークショー。30分くらい予定より遅れていたせいもあり、少し薄暗く、雨も降りだしてきたので急遽、会場を室内に移してトークショーをスタート。

 パネラーは私と、「摩幌美」の堀内さん、マルスの志村さんの3人。『長野とウイスキー』をテーマに、メルシャン軽井沢やマルス信州、2つの蒸留所の設立の経緯や歴史を紹介し、その後、長野県の県民性や、長野市と松本市の違い、70年代から今日までのウイスキー事情について、45分ほどトークを展開。やはり、長野と松本のライバル意識、長野県民の議論好き、勉強好きというあたりが面白かった。

 トークショーが終わったのが6時前で、さすがに日も落ち(山の日は暮れるのが早い)、会場には照明が灯り出す。点火できるかどうか心配だったが、無事キャンプファイヤーも行われ、フェスティバルは7時半すぎにお開き。〆めのトークショーのかわりに、閉会の挨拶をして、日本初の野外ウイスキーフェスティバルは無事終了。

 なにはともあれ、無事やりとげたという満足感と、アウトドアとウイスキーというテーマが成立することを実感。雨が降らなければ…という思いもあるが、ウイスキーは自然の産物。こんな天候も、アリなのかもしれない。改めて言うが、アウトドアで飲むウイスキーは旨い!

 今回は叶わなかったが、焚き火を囲みながらウイスキーを飲み、満天の星を見る…。いつか実現させたいと思っている。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter