1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『101・・・』出版記念テイスティング会」

 そろそろもどってきて一週間近くになるが、いっこうに時差ボケが治る気配なし。頭も体もボーッとしているため、原稿や校正に集中できない毎日が続いている。

 と、ぼやいていてもしょうがないので、午前中、スコットランド取材の記録・写真の整理をし、午後スコ文研。3時すぎから、今後のフェスやセミナーのスケジュールミーティングをして、さらに今月末に発行する『Whisky Life』の進行ミーティング。これも私が不在の間に、できるところは進行してもらっていたが、もう一度台割を見ながら確認。たかが16ページくらいの小冊子だ、作るからにはいいものを作りたいというのは、スタッフの一致した想いだ。同時並行で『ウイスキー通信』も作らないといけないのだが・・・。

 ま、次号の表紙は可愛らしいハイランド牛。それも毛がフワフワの仔牛だ。創刊号がハイランドパークのウイスキーキャットだったから、『Whisky Life』は、動物シリーズでやることになる(?)。

 ということでミーティング後、長和フェスの招待券を出してしまい(もう1ヶ月を切っている・・・)、7時から『101・・・』の出版記念特別テイスティングセミナー。急遽、スコットランドに行く前に決定したセミナーで、定員一杯の25名が参加。本の中に出てくる、①キングスランサム、②カティサーク、③シャクルトンのウイスキー、④マッケルフラッガ、⑤クドゥー、⑥ブルイックラディX4+3の6種類をテイスティング。

 ①はもちろんブレンデッドで、90年代半ばに手に入れたオールドボトル。おそらくキングスランサムとしては最終盤のボトリングで、キーモルトであるエドラダワーの、バリバリの化粧品香が出ている。そういう意味では、ある意味懐かしい・・・。

 ②のカティサークは本にも掲載されているプロヒビションを選んだ。禁酒法解除(1933年12月5日)を記念して、80年後の2013年11月にニューヨークで先行発売されたカティサークの新商品だ。通常のカティより、はるかにリッチで飲み応えがある。

 ③は南極の氷の下から100年ぶりに発見されたアーネスト・シャクルトンのウイスキーのレプリカ。テイスティングしたのは全世界5万本があっという間に売り切れた第一弾のほう。

 ④はシェットランドのブラックウッド社がオリジナルでつくった“オーバーウインタード”ウイスキー。つまり一冬をアンスト島の北のはずれの灯台で寝かせたことを売りにした、ブレンデッドモルトである。もちろん、中身については明かされていない。

 ⑤は“世界一まずい”とレッテルを貼られたディアジオのロッホドゥーに捧げられた、トリビュートウイスキー(そんなものがあるのか?)。スペイサイド蒸留所がつくった、その名もクドゥー、『黒い犬』である。ロッホドゥーについては、強めに焦がした樽を使ったからとディアジオはかつて説明していたが、木材のススで液体が黒くなることはない。このクドゥーは、裏ラベルにカラメルで黒くしていると正直に書いている。まさにウイスキーというよりは、カラメル(E-150a)を飲んでいるような感じなのだ。

 ⑥は言わずと知れたマッキューワンの4回蒸留、クアドルプルの3年熟成物。いかにもマッキューワン好みのボトルだが、63.5%という度数のわりに、しっかりとしたフルーツ香があり、意外と飲めてしまう。

 ということで9時に予定通り終了し、その後代表世話人のSさん、Nさん、スタッフらと久しぶりに恵比寿駅前の蕎麦屋(朝日屋)へ行き、生ビール、トウモロコシの天プラ、シメサバ、そしてもりそばをいただく。やはり、飲んだ後のそばは旨い! こればかりは日本である。


150807_2.jpg



150807_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter