2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「テイスティング座談会の校正・・・」

 時差ぼけがひどく、ついに3時前に眼がさめてしまう。睡眠時間はこのところ2~3時間がやっとだ。それでこの暑さ、エアコンも24時間入れっ放しで、その冷気にもやられている。

 頭がモーローとした中で、とりあえず午前中『ウイスキー通信』のテイスティングページの校正。すべてスコットランドに行く前に画像などは選んであったので、あとはテキストを送るのみとなっていた。

 毎回『Whisky World』と『ウイスキー通信』で24~25種類の新ボトルを選んでいるが、このところその選択にまようほど、次々とユニークな商品がでてきている。一方で、スコッチのボトラーズ物に、かつてのような勢いがなくなったという気がする。

 今回も2週間のスコットランド行で手に入れたボトルは全部で7本だったが、うち6本がオフィシャル物である。そして、いずれも値段が高騰しているというのが、一番の印象だった。

 昼すぎにスコ文研に行き、そのテイスティングの校正原稿を担当のSさんに渡し、3時すぎにオフィスを出て、近所の医院へ。昨日夜から喉が変で、少し気管支がはれていると思ったので、早めに診てもらうためだった。それと時差ボケで十分な睡眠が取れていなかったので、その分の薬ももらった。このところ、年に1~2度、同じような喉・気管支の症状がでる・・・。

 早いうちに、一度人間ドックで診てもらう必要がありそうだ。

150806_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter