2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「八重洲ブックセンターでトークショー」

 帰国してから、あまりの暑さで頭がボーッとしていて、仕事に集中できない日が続いている。それと連日の飲み会で、体力的にもシンドイ毎日だ。

 昨日は、長和フェス、清里フェス、ウイスキー検定、『ウイスキー通信』のミーティングを午後4時からやり、現況の確認。検定の第3回目をいつ頃、どういう形でやるかをスタッフ全員で話し合った。できれば来年1月から2月にやりたいと思っているのだが。その後、デザイナーのKさんに来てもらい、通信の入稿の確認。スコットランドに行く前に6~7割終わりにしていたので、あとの一週間で仕上げてしまうのは、それほど苦ではない。

 今日は午前中トークショーの準備をし、12時半に八重洲ブックセンターの会場へ。考えてみれば、久しくブックセンターに来ていなかった。講師控え室で、スタッフのNさんとミーティングした後、1時半からトークショー。今回は『101・・・』の本の中に取り上げられているラガヴーリン・ディスティラーズエディション(PX樽フィニッシュ)を飲みながら、1時間ほどトークを聞いてもらう。

 本の出版経緯や、作者のイアン・バクストンについて簡単に触れながら、101の中から1つだけトピックスを選んで、それについて話をする。当初はウイスキーガロアーの話もしようと思ったが、アーネスト・シャクルトンの南極のウイスキーのみにした。本当はこれを飲みながら、というのが一番なのだが、参加者に配るだけの量がない。

 ということで最後に質問タイムを設け、その後サイン会。予定どおり3時に終了し、タクシーでスコ文研オフィスへ。一度、事務仕事を片付け、再び7時からこんどは久しぶりの「ブレンデッドマラソン」! いったい、いつぶりだろう。もうだいぶやっていないと思っていたが、今回は9回目で、まだJやK、Lのつくブレンデッドのところに到達したにすぎない。

 ラインナップは①J&B、②ジェームズマーティン、③キングスランサム、④ラベル5、⑤ラングス、⑥ラングサイドの6種類。J&Bの次のジョニーウォーカーについては、次回まとめて、赤、黒、ダブルブラック、ゴールド、プラチナ、ブルーを一気にテイスティングすることにしている。

 この中では何と言ってもキングスランサムとジェームズマーティンだったが、キングスランサムは開封して時間が経っているせいか(約1年半前)、キーモルトのエドラダワーの化粧品香がバリバリに出ていて驚いた。私が『ブレンデッド大全』を書いた時には、それほど感じなかったのだが、この手のオールドボトルは変化が激しいのかもそれない。それにしても・・・。

 ジェームズマーティンは秀逸! うっとりするようなアロマ・フレーバーが素晴らしい。ラベル5も飲んだのが12年だったせいか、これはこれで悪くない。最後は最新のスコットランドの話もして、9時に予定通り終了。さすがに疲れと眠気に勝てず、そのまま10時前に恵比寿の仕事場にもどる。いったい、いつになったらこの暑さと、時差ボケが治るのやら・・・。


150805_1.jpg


150805_2.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter