1
3
5
15
16
17
19
21
22
25
26
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「コニサー教本の表紙デザインが決まる・・・」

 17日(金)の出発前にすべての仕事を片付けてしまわないといけないため、『Whisky World』、教本の原稿・校正を急ピッチで進めている。昨日の火曜はワールドのテイスティング6種。今回私が担当するのはアイリッシュ2種、ジャパニーズ2種、そしてバーボン2種の計6種。

 今日は朝からワールドの巻頭特集の原稿、テイスティングのリード原稿。ビームサントリーの蒸留所のうち、グレンギリー、アードモア、クーリー、キルベガンが私の担当で、その原稿を書くと同時に、大阪から送られてきたレイアウト案をチェック。大幅なデザイン修正を指示。とにかく、あと一週間で80ページ近くをやってしまわないといけないからだ。

 長和フェス、清里フェスもチケットやポスター、進行内容をチェック。長和は今年で5回目で勝手が分かるが、清里は決めなければならないことが多く、特に2日間、トータルで8コマ行うセミナーについて、その詳細を決めなければならない。そのうちの2つは私が受け持つことになるので、その内容も急務だ。

 といっているところに、しかし今年最大の東京フェスについても、そろそろ始動開始である。午後3時に会場となるホテルイースト21の担当者に来てもらい、これからの進行等、スケジュールのミーティング。ついでに来年2年ぶりに行う「ボトラーズフェス」についても、会場の打診をする。

 9月から11月、来年の3月にかけ、フェスが4つと目白押しだ。もちろん、その間にウイスキー検定の3回目も待っているし、8月、9月にはウイスキーエキスパートの集中対策講座、そして10月には12回目となるウイスキーエキスパート試験が行われる。

 そのコニサー試験のための教本も、3年ぶりとなる改訂が大詰めを迎えている。中身の校正・加筆・訂正は同時並行で進んでいるが、表紙のデザイン案が上がり、それをスタッフ全員で決定する。2005年に初めて作られた教本も今年で丸10年。表紙デザインを今回一新した。まるで大学の講義に使うような、お洒落なデザインだ。これなら若い女性が持って歩ける・・・(ホントか?)。

 ということで、出発までは分刻みのスケジュールが続くことになりそうだ。



20150708_1.jpg



20150708_2.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter