2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「検定合格者ツアーで白州蒸溜所へ」

 第2回となるウイスキー検定合格者特典の蒸留所ツアー。今回は白州蒸溜所で、小淵沢11時集合のため、5時半に起床して、8時半の特急あずさで山梨に向かう。実はツアーと同時に『Whisky World』の取材もかねていたので、ライターのN君、カメラマンのW君も一緒に行く。

 予定通り小淵沢について、今回の参加者14名と合流。さらに特別に案内してくれることになったサントリースピリッツのSさんとも合流し、白州のバスで蒸留所へ。白州へは1年半ぶりだが、あいにくの雨模様で、南アルプスも八ヶ岳も雲の中。国道20号線沿いの釜無川もいつにも増して増水している。

 それにしても、やはり凄まじい人の波だ。「マッサン」以来のウイスキーブームで、今まで見たこともないくらいの見学客があふれている。12時の昼飯まで時間が合ったので、まずはウイスキー博物館。下から順に見ていって、最後は一番上の展望スペースまで昇ったが、やはり山々は雲の中だ。しかし、上から見ると、ここが森の中の蒸留所であることが、よく分かる。こんな蒸留所はスコットランドにもないし、やはり稀有な存在だ。

 その後、ホワイトテラスで特製ランチを食べ、1時からいよいよセミナー、蒸留所見学、そしてテイスティングがスタート。まずは簡単なレクチャーを受け、工場見学。ポットスチル4基を増設してから来たのは初めてなので、その新しい4基のスチルのそばで、『Whisky World』用の写真撮影。

 近くで見ると、スチルの表面の銅の光沢が実に美しい。今回の4基はすべて三宅製作所だ。白州には現在初留8基、再留8基の計16基が揃ったが、以前と異なるのは、初留の8基はすべて直火で、再留はすべてスチームにしていること。以前は再留の何基かも直火だったはずだ。

 ひと通り製造工程を見て回った後、こんどはテイスティング。白州12年を構成する3つの原酒(アメリカン・ホワイトオーク樽、ヘビリーピーテッド、シェリー樽原酒)をテイスティングし、次にそれらがブレンドされた白州12年、さらにノンエイジの白州と、それの構成原酒であるライトリーピーテッド。そして最後に白州25年(!)という、凄いラインナップだ。

 それだけでも十分満足だったが、最後の最後にサプライズとして、白州が創業した当時の古酒を特別に樽からいただいた。つまり40年超(!)。白州はできて今年で42年になるが、ますますそのポテンシャルが上がってきていることが、それらの多彩な原酒、そして製品を見るとよく分かる。最後の2つは別格としても、改めて白州12年と、そしてノンエイジの白州を構成するライトリーピーテッドが面白い。いやそれ以上に、白州12年のシェリー樽原酒も、実に良いのだ。

 白州にシェリー・・・と今までは思っていたが、このシェリー樽は別格である。格段にシェリー樽の品質が向上しているのだろう。と同時にウッドマネージメントが、完成形に近づいている気がする。

 ということでサンプル8種、それ以外に水割り、ハイボールも堪能して、3時半にツアーは終了。3時50分にはバスで白州を後にして再び小淵沢へ。4時半すぎの特急あずさで東京にもどることにした。これで検定ツアーの秩父、白州が終わったことになる・・・。


150704_1.jpg


150704_2.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter