1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「検定合格者特典・秩父ツアーと大全20周年」

 昨日の日曜日はウイスキー検定合格者特典の第1回蒸留所ツアー。朝11時半池袋発のレッドアロー号に乗って西武秩父駅へ。ここで参加者20名と合流して、マイクロバスでベンチャーウイスキー秩父蒸溜所を訪れた。

 案内してくれたのは吉川由美さんで、蒸留所を工程順に見学したあと、第2熟成庫と第3熟成庫がある別の場所へ。ここにはもう1つ、クーパレッジがあり、渡辺さんから樽作りの工程作業の話をうかがう。その後、新しくできたばかりのブレンダー室、セミナールームに行き、肥土さんとテイスティング。

 用意してくれたのは、ニューポットとバーボン樽2種、そしてシェリー樽の4種類。貴重な秩父のウイスキーを堪能し、良い気分で初めての合格者特典蒸留所ツアーを終える。

 肥土さんたちと別れ、再びマイクロバスで西部秩父駅にもどり、駅前の蕎麦居酒屋で5時半から、希望者だけで懇親会。参加者はうちのスタッフを入れて14名ほど。結局終了したのが8時すぎで、そのまま8時台の特急に乗って池袋にもどる。恵比寿の仕事場に帰りついたのは11時を回っていた。

 昨日も、秩父に行く前は早朝から『101レジェンダリー』の原稿を書いていたが、今日も朝イチから、その原稿。昼すぎにスコ文研に行き、1時から5月24日に行われたウイスキープロフェッショナル試験の合否判定会。受験者88名の全成績を表にし、平均点と比べながら最終合格ラインを決めてゆく。結局、今年の合格者は37名ということになった。これは過去最大の数字である。あとは、その通知を出すだけだ。

 それを確認したあと、4時から小学館の3氏と大全の件でミーティング。今年は私の『モルトウイスキー大全』が出版されて、ちょうど20周年となるため(1995年12月刊)、何か特別のイベントをやろうということになった。思えば担当編集者も、初代のI氏から2代目T氏、そして来年出版予定のファイナル版シングルモルト大全の新しい担当編集者O氏と、この20年で3人いた(いる)ことになる。O氏は『サライ』の編集者も兼ねていて、すでに20年以上の付き合いだ。今回、新しく大全も担当することになったという。

 20周年で、何ができるのか。これからじっくり考えたいと思っている。


150615_1.jpg



150615_2.jpg



150615_3.jpg



150615_4.jpg





スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter