1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「検定合格者ボトルのテイスティング」

 まったく日にちの感覚も、曜日の感覚もなくなっているが、11日の木曜日は月イチで実施している升喜のウイスキーセミナー。4回シリーズの3回目で、今回はスコッチウイスキー第2弾として、樽と熟成について、そしてブレンデッドモルト、ブレンデッドウイスキーについて講義。

 テイスティングアイテムは、①ハイランドパーク12年、②グレンモーレンジィ・ネクタードール、③モンキーショルダー、④ジョニーウォーカー黒ラベル12年、⑤シーバスリーガル18年の5種類。

 ①はいわゆる通常のシングルモルトで、②はソーテルヌ樽でのウッドフィニッシュ、③はブレンデッドモルトで、グレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィの3種類のモルトがブレンドされている。④⑤はブレンデッドだが、④がスモーキーな西ハイランドスタイルであるのに対し、⑤はその対極にあるスペイサイドスタイルのブレンデッドだ。

 予定通り、6時すぎに終了し、そのまま恵比寿の仕事場に直帰。再び『101・・・』の原稿執筆。

 12日の金曜は、もちろん『101・・・』と『ウイスキー通信』の原稿、そして校正をして午後スコ文研。やることが山積みになっているが、第2回ウイスキー検定の合格者通知に入れるチラシのために、合格者特典ボトルのテイスティングをする。第1号の記念すべきボトルはマクダフの2000年ヴィンテージで、シェリーバット樽からのボトリングだ。

 梅風味のガムや溶剤系の香り、熟したフルーツの香りがあり、非常にリッチで個性的。フレーバーもリッチでスイート。かすかな硫黄臭や酸味もあり、ヨーロピアンオークのオロロソ樽の特徴がよく出ている。とにかくスパイシーで飲み応えがあり、非常に面白い。この手のウイスキーは開けたてより、しばらく置いたほうが本領を発揮する。あるいは1~2年、余裕があれば2~3年開けずに瓶熟させたら面白いのではないかと思う。それだけの強さを持っているのだ。

 その作業が一段落したところで、夕方から今後の検定についてのミーティング。さらに『ウイスキー通信』の入稿確認。いよいよ来週火曜に入稿しなければならない・・・。

 今日も、朝から『101レジェンダリー』の原稿執筆。このところ、午前7時くらいから原稿を書き続けている。夕方までかかって20枚ほど書いたところでスコ文研へ行き、その入力作業。ウイスキーコニサーの教本の校正を頼んでいたUさんが来ている。そのUさんと簡単にスケジュール確認。同時並行で、教本の改訂版の作業も進めているからだ。それが終わったところで、再び恵比寿にもどり『101・・・』。夜もひたすら原稿だ。



150613_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter