1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「セミナー準備と1954のグレングラント・・・」

 連日『101レジェンダリー』の校正作業と執筆が続いている。これだけに集中できればよいのだが、並行してウイスキーコニサー教本、『ウイスキー通信』、さらにナツメ社のウイスキー本もやらなければならず、苦労している。

 もちろん大阪フェス前ということもあり、連日そのオリジナルボトルづくり、5日(土)の前日セミナー、フェス当日のシェリーセミナーの準備も待ったなしだ。

 ということで、今日は昼すぎにスコ文研に行き、校正の合間をぬってセミナーのためのテイスティング。前日の5大ウイスキーセミナーではカナディアンクラブ、キルベガン、響JH、謎ウイスキー(?)、ノブクリーク、同ライ、ラフロイグの7種のテイスティングを行うが、CCのブラックは久しく飲んでいなかったので、これとキルベガン、そして謎ウイスキーの3種をテイスティングして、コメントを作成。キルベガンもトール瓶がダンピーにかわり、パッケージ、ラベルが一新しているので、新たにテイスティングすることにした。

 謎ウイスキーは当日までシークレットということで、今は明かせないが、3本をやってみると、これが一番旨い!アロマもフレーバーも、これが一番たっている。CCは、ライ麦フレーバーが強く、キルベガンは以前よりもまろやかになっているが、いかにもクーリーらしい。

 ついでに、来週行うハイランドパーク・ヴァルハラコレクションの取材(『ウイスキー通信』用)のために、新商品のオーディンをテイスティング。これでようやくソー、ロキ、フレイヤ、オーディンと4神が揃ったことになる。4本セットで特別のディスプレイ(ヴァイキング船)も数量限定でつくられているのだ。
 
 それらの作業を終え、大阪フェスのスケジュール確認、荷物発送を見届け、6時すぎに再び恵比寿の仕事場にもどる。関西は梅雨入りしたが、関東はここ一両日だろう。渋谷川の橋のところにあるビワの木の実が、すっかり黄色くなっている。ビワの実なんて、久しく食べていないが・・・。

 そういえば大阪フェスの有料試飲では、私の1954の、GMの52年物のグレングラントも出す。京都フェスの残りだが、もう200mlほどしかない。これはイアン・バクストンの『101・・・』には選ばれていないが、私にとっては伝説のウイスキーである(と思っている)。飲みたい人はぜひ。これが発売された当時(2008年)は600~700ポンドで買えたが、今だったら2000~3000ポンド(40~60万円)だ。

150604_1.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter