1
2
5
8
9
11
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大全切手ができ上がる」

 気がつけば6月だ。スペインから帰って、ずっと休みがなく、今日まできてしまった。土・日とこもって仕事をしていたが、昨日も朝から『ウイスキー通信』『101レジェンダリー』の原稿執筆。おそらく1日に10枚以上書いても間に合わないだろう・・・。再び昨夜から夜の歩きを開始。長丁場の原稿を書く時は、とにかく体力が一番なので、極力ウォーキングをして、体力維持に努めるようにしている。

 昨日は昼すぎにスコ文研に行き、先週から始めていた大阪フェスオリジナルのお土産ボトル、検定合格者ボトルづくり。100mlのボトル4種と検定用1種をつくってしまう。フェス用はスコッチのブレンデッドとブレンデッドモルト、そしてバーボン、ジャパニーズの4種。検定用は200mlのボトルで、今回はケンタッキーストレートバーボン。東京バーショーの売れ残りが若干あるので、2種を販売することにした。

 今日も午前中は『101レジェンダリー』の原稿を書いて、昼すぎにスコ文研。大阪フェスのボトルの撮影などして、2時半に西荻窪郵便局のNさんが来社して、ミーティング。例の切手をわざわざ届けてくれたのだが、せっかくだからということで、スコ文研でも50シートほど買わせていただいた。

 まったく知らなかったが、これはマイ切手づくりの一種。いろいろな記念に、今は個人でも切手が作れるようになっているのだ。今年は私の『モルトウイスキー大全』が出版されて20年なので、その記念に、この切手も検討してみようかと思っている。それらの具体的な方法や、最低ロットなどを教えてもらった。これで大全記念だけでなく、蒸留所シリーズなんてやったら面白いかもしれない。

 そんな夢が膨らむ話をした後で、再び現実にもどって校正作業。さらに、これも先週からはじまっていたウイスキープロフェッショナル試験の採点作業。校正の合間をぬって、筆記、官能の特に記述部分の採点を始めている。こればかりは、私にしか判断のしようがないからだ。

 ということで、夕方一段落したところで恵比寿にもどり、再び『101』の原稿執筆。


150602_1.jpg


150602_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter