2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールド最新号にフェスボトル、検定ボトル・・・」

 『101レジェンダリー』とウイスキーコニサーの教本の校正が連日続いている。ウイスキープロフェッショナル試験が終わり、昨日から、その採点作業を開始。こんどの日曜日は第2回ウイスキー検定なので、その解答も準備しなければならない。

 そうこうしているうちに大阪フェスまで、あと10日ほどとなってしまった。大阪フェスオリジナルボトルのグレンロッシーと、検定合格者待望のマクダフも届き、そのラベル貼り作業も開始した。グレンロッシーは、ロッシー君のラベルだが、検定合格者限定ボトルのラベルは、黒と金の重厚かつ豪華なラベルだ。

 その作業と並行して、大阪フェスオリジナルのお土産ボトル、100mlのミニボトルの製作にも入る。今回もスコッチ・ブレンデッドモルト、同ブレンデッド、ジャパニーズブレンデッド、バーボンの4種類を用意することにした。ラベルは夏向きに、キンギョ・カエル・フグ・カニをモチーフとしている。

 そういえば昨日、『Whisky World』の最新号がスコ文研に届いた。巻頭は缶ツマ特集。そしてカバラン、シェリー樽の真実、スコッチの今と続く。大阪フェス当日のセミナーでシェリーについてやるが、その申込者がほぼ定員の50名近くに達している。それだけ、シェリー樽について関心が高いということなのだろう。

 前日セミナー(北浜フォーラム)の“5大ウイスキーを語る”は、まだ席があるので、今からでも間に合う。5大ウイスキーをそれぞれの銘柄と、そのストーリーについて語りたいと思っている。特にキルベガンやカナディアンクラブ、そしてノブクリークだ。

 ジム・マーレイが「キルベガンを見ずしてウイスキーを語るなかれ!」と言っているが、それはどうしてなのか。キルベガンという蒸留所の持っている歴史的意義(現存する世界最古の蒸留所だ)とは何なのか。またカナディアンクラブ、つまりウォーカー社とアメリカの禁酒法、アル・カポネとの繋がりなど、知られざるストーリーを語りたいと思っている。

 ということで、4時から大阪フェスのミーティング、そして6時から次号の『ウイスキー通信』のミーティングを行う。ワールドが終わったら待ったなしに通信、そしてそれが終われば、再びワールドだ。

 〆切りのない人生はツマラナイと思うが、こう日々〆切りに追われるのも、いかがなものかと・・・。


150527_1.jpg


150527_2.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter