1
3
5
15
16
17
19
21
22
25
26
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪フェスのセミナーボトルをアップ」

 朝から『Whisky World』のテイスティングコーナーのリード原稿書き。毎回18本のボトルのテイスティングをやっていて、それらのボトルについて、それが何なのかを紹介しないといけないからだ。18本のボトルのデータを読みこなし、それを原稿にまとめる作業は、かなり時間も体力も使う。

 それを終えて昼すぎにスコ文研。再びウイスキーワールドの入稿作業、校正に追われる。同時にウイスキー検定のJW級の問題作成と、プロフェッショナル試験の最終校正。

 3時半すぎから、そのプロフェッショナル試験のミーティング。東京と大阪の2会場で、今回は90名近い受験者がいるので、その人員配置も大変だ。当日のスタッフの集合時間、段取りなどについて決めてゆく。

 ミーティングが終わったところで、大阪フェス前日セミナー(6月6日)、当日セミナー(7日)のテイスティングボトルの写真撮影。ようやく、ほぼすべてのボトルが揃ったので、それを並べて撮ってしまう。

 前日セミナーは世界の5大ウイスキーがテーマで、①カナディアンクラブ・ブラック、②キルベガン、③響ジャパニーズハーモニー(JH)、④シークレットボトル!⑤ノブクリーク、⑥同ライウイスキー、⑦ラフロイグ10年の7種をテイスティングする。

 もちろん、①がカナディアンで、②がアイリッシュ、③④がジャパニーズで、⑤⑥がアメリカン、⑦がスコッチである。サントリーさんの協賛だが、アイリッシュはカネマラからキルベガンに替えてもらった。どうしてもカネマラとラフロイグを一緒に飲むと、カネマラの特長がぼやけてしまうからだ。

 ④は何が出るか、当日のお楽しみだが、市販のものではなく、響の原酒だということだ。⑥のノブクリーク・ライも今回、新商品なので加えてもらった。世界の5大ウイスキーと一口に言うが、その違いは何なのか。風味の特長は何なのかを、原料や製法の違いに言及しながら、私流に解いてみたいと思っている。まだまだ残席があるので、ふるって参加してもらいたい。

 フェス当日セミナーは、“シェリーとシェリー樽の真実”と題して、この前のシェリーツアーから見えてきた、“シェリー樽”の衝撃の真実をお伝えしたいと思っている。1時間と時間が短いので、ポイントをしぼってお話をする。

 テイスティングは、代表的なシェリー4種(フィノ、オロロソ、モスカテル、ペドロヒメネス)と、それらの樽を使ったマッカラン12年、ダルウィニー・ディスティラリーエディション(オロロソ樽フィニッシュ)、同ラガヴーリン(ペドロヒメネス樽フィニッシュ)の計7種類

 決定した時点では、アイラミスト8年マンサマージャフィニッシュを知らなかったので、次回は、これも使ってみたいと思っている。イダルゴ社のラヒターナ樽でフィニッシュしたブレンデッドのアイラミストだ。これについては、東京バーショーのユニオンリカーズのブースで知った。

 いずれにしろ、どちらも席は早いもの勝ちである。大阪フェスの他のセミナーのチケットは売っていないが、私がやるシェリーセミナーのチケットはスコ文研で販売している。ウイスキーメーカーが使う、シェリー樽が何かを知りたい人はぜひ・・・。


150519_1.jpg


150519_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter