1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「WP試験の解答づくりとルイス島のチェス駒」

 東京バーショーの疲れが残っているが、そうもいっていられないので、朝から疲れた体にムチを打ち、『101レジェンダリーウイスキー』の校正。

 イアン・バクストンの文章はクセがあり、さらに伝説や幻のウイスキーばかりを扱っているので、相当にウイスキー史や、スコットランド史、文化がわからないと、どうしようもない訳になってしまう。しかも修道士ジョン・コーの時代からカローデンのダンカン・フォーブス、そしてボニー・プリンス・チャーリー、トミー・デュワー、はたまたジョージ・ワシントンまで出てくるのだから、スコットランドだけでなく、アメリカ史についても知っておかないといけない・・・。

 ということで、時間も労力もかかる、大変な仕事となっている。もちろん、そればかりをやっているわけにもいかず、12時すぎにスコ文研に行って、1時からウイスキープロフェッショナル試験の最終問題判定会。代表世話人のYさん、Sさんに来てもらって、筆記試験の最終チェックと、ブラインドテスト(官能試験)の4種について、実際に3人でテイスティングし、その解答を作成。

 毎年、この時期になるとやっている作業だが、筆記も官能も、プロフェッショナルの場合は、その模範解答づくりのほうが神経を使う。採点も、エキスパートより、はるかに時間も労力も必要とされるのだ。

 4時すぎに、その作業を終了させ、再びウイスキーワールドの校正、入稿作業に没頭。『101レジェンダリー』は、スコ文研では作業できないのと、ワールドも、もはや待ったなしの状態が続いている。

 6時すぎまで、その作業を続け、その後久しぶりに本屋に寄って恵比寿の仕事場にもどる。今、上野の東京都美術館でやっている大英博物館展の関連本をさがすためで、とりあえず立ち読みで、ルイス島のチェス駒のところを確認。今回の展示の目玉の1つで、アウターヘブリディーズのルイス島の砂浜で発見された、9~10世紀のヴァイキングのチェス駒だ。セイウチの牙に彫られている高さ10cm前後の駒で、この砂浜は、私も実際に訪れ、見たことがある。

 ルイス島の西側の、もっとも辺鄙な場所で、すぐ近くにアビンジャラク蒸留所があり、そこのマーク・テイバーン氏に教えられて行ったのだ。その時は、そんな重要な駒であることも、それが大英博物館に収蔵されていることも知らなかったが、ストナウェイからの帰りのフェリーの中の売店で、お土産として売られているものを買ってきた。もっとも、本物に比べたら、あまりにもお粗末なシロモノだが。

 とにかく、時間があれば、上野まで行って本物を見たいと思っているのだが・・・。ちなみに、アビンジャラクはゲール語で「赤い川」の意味。昔、税金を取り立てに来たヴァイキングの官史(?)を、怒った村人が殺して川に投げ入れたことから、この地名が付けられた。つまり赤い川とは“血の川”ということなのだ。そのヴァイキングが持っていたのが、このチェスの駒なのだろうか。

150518_1_20150520164131e22.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter